1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8

persimmon1a

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪るのが何…

専ら室内生息し、ネットか惰眠を貪るのが何よりのしあわせ。 出没先は、図書館、古本屋、早稲田松竹、ユジク阿佐ヶ谷、谷根千のどれか。B型。

53

コメントした本

老乱

祖父や祖母と認知症の人を見てきたことがあるが、頭の中はこんなんだったのかなぁ〜と勉強になる。 日記に書きとめていた内容を見ると祖母がその辺の紙にとりとめもなく書いていたこととかぶる部分がある。

10か月前

F2e7a8ae 3929 4a40 aaf5 ad91a20299ed7f36f001 795b 4428 a594 5f3a8cd6be7f
三月の招待状

自分の学生時代にはそういうのがなかったからと言われればそれまでかもしれないが、大学時代から15年もたって、それぞれの生活もあるはずなのに、未だに会ってガブ飲みして、学生ノリそのままに非生産的な話をしてる登場人物たちに、誰一人として共感できなかった。

12か月前

Icon user placeholder1f7b34d9 4fd3 472b afbb 2e9e411dc2fa2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Picture3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aaFeead139 1717 40ab 982e cdf562210300 9
働かないの―れんげ荘物語

「れんげ荘物語」の続きということだったけど、だいぶつまらなかった。 なんか震災後無理やり書いた感が… 会社辞めて、れんげ荘を見つけて、実家を出て、れんげ荘の住人に出会って…と一応の動きがあった初巻に比べて、定住してしまったから仕方なくはあるんだけど、何もなくて飽きてしまった。 刺繍にハマるってのがあると言えばあるんだけど、その刺繍がイマイチどういうものか頭の中でうまく描けず、そこのパートはほぼ流し読み。 このシリーズでひとつ疑念は、母親をあそこまで極端なキャラに設定する必要あったのかなと思う。同じオンナ同士ソリが合わない母娘はいくらでもあるし、会えば、面と向かって恥さらしなんて言うまでのキャラにするのは極端すぎると思った。

約1年前

5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fDff94a99 b9ca 4556 9326 3460233ee3ca755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d568400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88fBa324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45Faff1d17 478f 4533 87ca 95acf9227d0603e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200 10
れんげ荘

昭和観念に凝り固まった外を知らない母親はいないし、一流企業勤務でもないから完全ではないけど、かなりキョウコとかぶる境遇の自分。中年、独身… なぜか運良く1年前今の会社に転職できたものの、そうでなければ主体的に選んだキョウコとは違い、不可抗力で貯金切り崩しおばさん生活だったろう。 ただ、別に世の中誰もかれもがいわゆる世間的にきちんとした職で、きちんとした定期収入を得、家庭を築き…わたしは負け惜しみではなく違うと思う。本人が心地よければ、とんでもなく人様に迷惑かけない限り、どんな生き方だってOKってのが本当だと思う。 れんげ荘は自然環境的になかなかキツそうだが、人間関係的にはコミュ症の私もやってけそう。ただしやはり思ったのはキョウコも厳しくしつけられてきたから挨拶や礼儀はきちんとしていて、これがこういう生活をするにあたって不必要な他人からの疑念を防ぐ。大事だ。 奇人変人で理解不能だろうからと読まなかったけど、森茉莉の「贅沢貧乏」をとりあえず読もう!

約1年前

2aa47fc7 2093 4d89 996e 8b0c2cbbc3876d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bbIcon user placeholder79651acf 4aa2 427c af16 61cd849368c85efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacB424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584 22
サイレント・ブレス

終末期、広義で言えば人が死ぬことに非常に関心があり、医療機器業界にいる自分にはとても興味深かった。実際現場に立っている著者の作品をもっと読みたい。 昨年亡くなった私の祖母は、意図的にそうしたわけではなかったが、一本の管もつけることなく、自然な形で逝った、逝かせてもらったことに感謝したい。あれで良かったと思う。

1年前

5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholderIcon user placeholder22b3a3bf 0bd7 4c5a a63b da875268a8e7
ビニール傘

これは社会の片隅に生きる人の話なの?私には普通に思える。こんなもんじゃないの、人生って。

1年前

870e5356 1916 4821 b503 59c16c5338df1ac099b6 c7ba 48ad 80ad bd934bb185f3E5c91822 54f1 4062 aed6 031ec05587657eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9e8e3a50b9 0088 4497 aaa5 3b777931b0c6Cbe668ff bf8e 4314 915b 5a089a8544664d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc 23
ロシア日記: シベリア鉄道に乗って

直前に読みかけた銀色夏生の「海外旅行熱なんちゃらかんちゃら〜」ってやつがクソつまんなくて、人の旅行話ってこんなつまらないことあるっけ?!って思ってたところに読んだこの本は普通に面白かった。一晩で読んでしまった。 シベリア鉄道もいつか乗ってみたいけど長すぎるなーと思ってたから、イルクーツクで引き返せばいいんだ!となんか目からウロコだった。これならいけるかも?!

1年前

0a1644e2 2535 42f4 ade2 30313aff35fc014253d4 6080 4951 9119 24735184a6963a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045Cfc6598d c915 4739 9e9b 7ccd367d7ca906c4cd57 92a0 4ffb ae8b 84d8aaca53a451e74cd7 4f72 45f3 af9f 70da016f5dfb
永い言い訳

映画がすごくよかったので、原作も読んでみた。一か所だけ映画化にあたって変わってたエピソードがあった。 だいたい本の方がいいなと思ってしまう活字派だが、これは役者たちの演技がよくて、映画の方がいいなと感じた。

約2年前

6e61bd15 5708 45e2 8584 8b78821f1a937df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b26a084f9 993d 4b6e 90ea 2a36cc3418aeB92c9020 9042 44b3 a274 d25c90f4a144Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 45
サリーのこけももつみ

星野道夫さんの本を読んでいたら、グリズリーの親子と人間の親子が交換になっちゃう絵本があるよ!って書いてあって、おもしろそうだから読んでみた。 ついでだから英語で読んだけど、こんな絵本でも知らない単語がいくつもあった。悲しい。バケツはpail...

約2年前

へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と「宅老所よりあい」の人々

「ヨレヨレ」を1冊読んでから、この「へろへろ」を読んだので、ある程度分かっていたが、私は鹿子さんの書く文章が好き。 シニカルな人間なので、他人におもしろく思わせようとした文章は興ざめするのだが、そういう感情にさせないながら、例え表現なんかが絶妙でおもしろかった。

約2年前

04b461bf c974 419c ab7e ea9a9c54ecd9D83b6695 3143 4a9f 9dff 36f8cf4e6fd67cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f7ea0f0fc dcf4 445b b0b7 69b0cf4d06b7Eeef8366 14ea 4103 ae66 bf1437ef265789e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 11
老後の資金がありません

途中まではリアルにありえそうで興味深く読んでいたが、後半有償で老人代役をしてくところから、ちょっとはぁっ?!ってなっていって、最後まで読んだが流し読み。 後半が軽すぎて、ライトノベルなのか、シリアスな現状を描きたいのかどっちつかずの作品ですかされた気がした。

10か月前

Icon user placeholder670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb8581baca2fc c3b4 4c3d b0aa 98c626f04fbb1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4Icon user placeholder3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1
男と女の台所

台所や料理を通して見る様々な人の生き方、暮らしみたいな本。 たしかにリビングや寝室より、台所はかなり如実にそこの住人の暮らしが反映する、反映してしまう場所だなと思う。 最後のフランス人がらみの2人の話が印象に残っている。

約1年前

81b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba579dd1b988 517b 4f84 9c73 550d4205f3ed705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c53880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a86f1b6118 99e3 4ecd 8f52 024a284c23aa
島はぼくらと

自分との接点ゼロのティーンエイジャーの表紙でいわゆる青春モノか?!と思ったけど、人気のある作家さんだし、何やら瀬戸内海の島が舞台ということで、読んでみた。 元々の住民、Iターンと呼ばれる移住者、コミュニティデザイナーを軸に島での出来事が人とのつながりを中心に展開されていく。 移住に興味があるので雑誌やウェブで各移住者の暮らしぶりや移住理由を目にすることは比較的あるけど、それを受け入れる側の視点からはあまり知ることはできないので、そこは面白かったし、取材して、一部の島では現存なんだろうなと思われる兄弟制度、網元制度独特の文化慣習、いかにもありそうな村長との癒着事情も興味深かった。 少し長くて途中で飽きてしまったのと、全員が善人ばかりでパンチがなかったかな。

約1年前

Icon user placeholderF6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5c510fc288 8e1b 40bd b2c8 61268d6ff97bEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09D612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf193879de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9 26
かもめ食堂

映画も見たし、もちろん本も読んでたんだけど、今年ヘルシンキに行ったこともあって再読。 やっぱりいいですね、サチエもミドリもマサコも。つつましく、ていねいに暮らしていけばいいんだと思わせる。映画も再聴しないと。

約1年前

33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869026d30a362 8032 44f0 92fe 587b369650bbB6c630a3 1e6b 40b2 9330 1c4239fdd89bIcon user placeholderD24c4658 8632 42ef b096 4c3a98fd38f33f9ef726 344e 4e67 a2c8 b2d469e62a9881bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1f 70
愛と欲望の雑談

2人とも好きなライターさん。 雨宮さんの考え方とか好きだし分かるんだけど、唯一純真無垢に結婚に憧れてるところが、他の彼女のものの捉え方と矛盾というか、合わないというか、だから余計に生きずらかったのかなあ、そのへんが「こじらせ」と自称した起因かなぁと思った。 定期的に読み返してもあきないかも。

1年前

Icon user placeholder4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1D7c79481 afa4 4b32 94de 00088e7e9de0Fcb280b8 4b15 458c bf03 d043cdcb6421E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f 23
ウズベキスタン日記: 空想料理の故郷へ

「ロシア日記」に引き続き、おもしろかったー。他人の旅行記をおもしろい、おもしろくないと思う基準はなんだろうなと考えていたけど、旅のスタイルが似てることかも。 2人の旅はホテルは私は泊まらないような高いホテルだし、旅行中ずっと専属の日本語ガイドを雇ってて、いくらかかるんだろうと思う。。。 でも、あくせく観光スポットをまわることはなく、必ず田舎にも行っている。人をやさしい視点で観察している感じもすごく好き。 彼女は基本、「犬が星を見た」という本を崇拝?していて、書かれているルートをたどっていて、こちらも読んで見たい。もちろんウズベキスタンに行きたい。

1年前

A129e00e 65e6 4346 a304 9e2a90ecc6925ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1f59c6516b 6b12 4e5b b524 fbebb63c4b190a1644e2 2535 42f4 ade2 30313aff35fc57c2709a 4c71 443b 96e9 9810cb743a8e06c4cd57 92a0 4ffb ae8b 84d8aaca53a451e74cd7 4f72 45f3 af9f 70da016f5dfb 8
週末介護

最後の入院は仕方ないにしても、ほぼ自宅で介護できたのはすごいことだと思う。 ただ、養子の兄(!)、実姉、実姉の息子、そして著者の4人の泊まり込み体制を組めるのがはっきりいって一般的にはなかなかないだろうから、被介護者も介護側もどちらかというと恵まれた部類に入るんではないだろうか。 自分も祖母の衰えや認知症の進行を見てたから、そうなんだよねーと分かるところがいくつもあった。 自分に責任あるのは、もう母親だけで、これからどういうふうになるか分からないけど、参考になった。

1年前

優雅なのかどうか、わからない

私の好きな雑誌「考える人」と直近ではこれまた大好きな「つるとはな」を創刊した人。 トークを聞きに行ったときに自身も何冊か本を出してると知り、それもなかなか面白そうだったので読んでみた。 一部自叙伝、一部願望なのかな?と思わせる内容で、主人公の仕事は編集者。 静かにバツイチとなった中年男性が静かに第二の人生を始めるまでの話。それには当然介護だのなんだのその年齢ならではの現実もからみ、女性関係も含めかなりリアルな話として読めた。 最後の書き方も好きな感じだった。

約2年前

ぼくの道具

やたらNorth Faceが多いのはスポンサー契約的な何かかなぁ。 頂上アタックのときは下痢止めを飲んで登攀中の便意をおさえるらしい。その辺のおトイレ事情がいつも疑問だったので、少し知れておもしろかった。

約2年前

Icon user placeholder978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2E679023c 7217 427c 9891 dfc620830ec4Icon user placeholderD0358647 0566 4eeb 8441 93a547a16571E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fPicture 14
いのちをいただく

人間は動物でも野菜でも何でもいのちあるものを殺して、自分たちの食にしている。 この地球上の生物で食物連鎖が成り立ってる以上、これ自体仕方がないというか、自然の摂理である。 だから他人のいのちを奪って糧とする以上、無駄にしてはいけないし、最大限美味しく味わってあげたい。その意味では料理上手になりたい。 もともとあまり食べないが、自然とは言ってもやはり、なるべく動物の肉を食べる機会を減らしたい。

約2年前