9dbe19df e154 4208 bbe4 03e90152563b

武田 俊

編集者 /

編集者 / クリエィティブディレクター 1986年、名古屋市生まれ。右投右打。ここではいま読んでいる本についてのみ、書いてみようと思います。

50

コメントした本

自生の夢

Amazon飛ぶとわかるけど、穂村弘さんの帯の惹句がすばらしい…。

約2年前

78e62828 3fa7 414d aab9 85c74a7c543eFb033d84 0c95 4116 a3d6 fa24328187d445122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a58a2f677d c6bf 4efd 9fe1 61d2cc574ae842caa8a2 9df5 4e10 8400 3ef147c93a3e 26
これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得

やっとこれから読みます。研究と生業の間のことを考えたい。

約3年前

Icon user placeholderIcon user placeholderA04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2285e346653 7924 47f6 98ea 344d95df50cfA1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6e565087b5 d3fb 404c 85d7 b767a6b1f378
ユリイカ 2016年1月臨時増刊号◎総特集=坂口恭平 -『0円ハウス』『独立国家のつくりかた』『現実脱出論』から『家族の哲学』へ・・・複数のレイヤーを生きる

わが師・坂口さんの特集号。マストバイ。

約3年前

E43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad7bf1dc82 9ad4 4d14 9dd1 a2a15dbdd6df77a883a7 eaa1 4dd5 853e 6391a65bebc9B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca
定本 宮本から君へ 1

人生のちょっとしたピンチにはこれをひもといてきたし、これからもそうするだろう

3年前

Icon user placeholder861d9847 5519 41a1 8821 670f7b8980c39b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3185abac7 2678 4871 8fdf 72c504e7d81c82af179c 42cc 43ca b6eb 8ac54972c8c1
解錠師

すばらしい青春サスペンス。

3年前

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8Icon user placeholderIcon user placeholderF8976c5d 5bc3 4e1c b49b 7218e12411f6980f83fa 2585 4a68 8371 9a1ccc7b7c145cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc25b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358f 12
都市を生きぬくための狡知―タンザニアの零細商人マチンガの民族誌―

『断片的なものの社会学』に登場した本。非常に読みたい。

3年前

Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1      2 normal
新しい天体

相対的景気調査官として、全国の食べものを食べ歩く、食紀行小説。なんとうらやましい仕事だろうか!

約4年前

Icon user placeholderFef936ab 37c5 4e3c a48c 94dc19912d9b19e8a202 1d56 4bb7 be49 e82e590853d7
批評メディア論――戦前期日本の論壇と文壇

これはちょっとすごい本ですよ

約4年前

8f8e22ae 8ee2 48ad 92e7 52fea7a79a7dA23738c5 d990 48c9 9943 3a2750f89f1f00154ac7 30d2 4e6f 9505 aeaded3f6c6b0857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595cD866a629 e8f6 49d0 9bad 3b797cbc0a86
日本の偉人100人(上)

曽祖父が載っており、グッときました。

約4年前

家はあれども帰るを得ず

まだまだ終わらない突発的何度目かの関川夏央さんブーム。ブルースを感じる。

約4年前

GONE ゴーン 上

スティーヴン・キングの帯コメントに惹かれて。伏線が回収仕切れるのか、と思いながら読んでみたらさらに続くとのこと。だが、まだ未翻訳。続きが気になる……

約3年前

日本の路地を旅する (文春文庫)

何度読んでも心をグッとつかんで離さない、ぼくにとってとても重要な一冊

3年前

6b8151ac 1b02 4f24 8277 7c3e3781f6c6D62d46f7 a6e9 4fea a03b 9e87df05ce03E72f28d4 a6b5 4141 939b e96b2ce9e59e
書生の処世

日常のスピードに置いていかれそうな時に、心地よい減速のために読むのが魚雷さんの本だ。すると読みたい本がたくさんでてきて、また本屋に向かい、なにかを回復することができる。

3年前

F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7edMaman putain6 normalEc071fbc 2c2f 4f05 8681 4f8f96e6ce3f95db8e51 2601 4c3e a38c 143244a976778f09626d b87f 4391 b987 daee56b364dbE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f
さよなら、シリアルキラー

長距離移動の時はミステリを読むと決めています。これから新幹線の中で読むところ。

3年前

断片的なものの社会学

社会学者によるフィールドワークから抜け落ちたもの。その厖大だからこその、かけがえのなさ。が、静謐な筆致で記された名著です。

3年前

03384187 60ce 41bd 8693 20bc4d018c514d05909f 8525 4932 9825 728a0e3871328d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe5764d16223 24c7 470f 9357 751dc6929ce3818d25d5 1b01 426e 8e61 12d45e70c328 160
工作舎物語 眠りたくなかった時代

大学時代にガツンと『遊』に撃ち抜かれて、バックナンバーを漁りに古書店や古書市に出かけていた日々をなつかしく思い出しながら読んでいます。

約4年前

5fbd7b30 2c0c 4ecb 9719 16a3a769a5dc871870e0 8aa8 44a7 916c b2afb52a041e7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa58886ac39 963c 4bdd 8271 632a2d71869775ea77ef 75eb 4cd0 9831 dbd531a9c2342931a897 6b5b 4092 8c8d bcf919b1b3c49fb324e9 5bcb 419c b42f a8047a428383 14
ピギースニードを救う話

わたしに小説を、書きなさいといってくれる編集者の先輩がいる。ぼくは内発的な動機から行動するタイプではないので、どんな小説を書きたいかと考えたところ、まさかのアーヴィングのこの作品だった。自分にとって、この小説が、こんなに大切だったことに初めて気づかされた。

約4年前

声優魂

マイメンズたちがつくった本、ご恵投いただきました

約4年前

9fb324e9 5bcb 419c b42f a8047a4283831deef2e6 babf 404a 89f8 7e3287a2a40aB43e1aaa 7fb9 4aaf ab3a 5c443cffc70c1ae534bc fd7a 4cf1 8f96 2d49ba1001e151c3ec5e 8d39 4221 a38c 10fad82f7c45A94f6824 32b3 4b47 ac21 6e1220f0d94a