5838b434 ebdd 417d b446 f0a18cdcf982

NICK

好きなジャンルは?と聞かれると推理小説と…

好きなジャンルは?と聞かれると推理小説と答えますが基本は乱読です。 生涯の一冊は?と聞かれればヴェルヌの『80日間世界一周』です。 大好きで大好きで小学3年生で初めて読んで以降、30年以上経った今でも定期的に手に取り、訳者違いや版元違いの原書があるとつい手が出ます。 主人公と全く同じルートを辿ってみたいのですが…その前にまず大富豪にならなくては。。。

177

コメントした本

屋上の道化たち

語り手によってフォントを変えたり、各語り手ごとにシンボルマークを用意したりと伊坂幸太郎を意識したのかと思わせる作りです。 そのため、もともと短編であったものにエピソードを加筆して長編にしたような感じで軽く読めました。

2年前

0848292c 5139 43ce a559 68241630aed239a72946 663f 46a7 9f82 d3ca1ec2e87d
カエルの楽園

憲法9条にしても日米安保にしてもいろいろな意見や議論があるところだと思います。 百田さんが何をどこまで思って書かれたかは知る由がありませんが、この本で本当に描きたかったのは実は改憲議論や安保体制への主義主張ではなく、少なからず大きな声に流される色々と無関心な日本人に対し、 「自分の目で見て自分で判断する…あなたはどう思いますか?」 という問いかけなのかなと思ったりします。 だからこそ「ソクラテス」だったのかなと…街角問答をするような。 そして大きな声で賛同を唱える一部集団、大多数を占めて思うところもあるのに沼で事なかれを決め込みジッとしているカエル…こういった描写も印象深かったです。

約3年前

23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Bda1741c f392 4bc0 8d28 e1e8336ba5d3E749421d ae14 439a b62a 1f895b073eab8f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fdF8bb3128 f9fc 451b 90e4 be1394d409095e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d3825c6a28f 1d7f 438d ab66 be2bf4dd4575 58
ロボポカリプス

近未来SF。 常に合理的であり続けようとするAIが、この星に人類がいないことが自分にとっては合理的だと判断したら。 自分が進化しようとすることをネットワークを遮断して妨げる可能性を持つ人類を邪魔だとジャッジしたら。 昔ならSF世界の話と片付けられていたことがそうでもなくなってきている現代、計算だけではなく考えることまでを外注出来るようになった科学の進歩が人間の退化に繋がらないよう祈ります。

約3年前

窯変 源氏物語〈1〉

源氏物語は登場する女性の目線や場合によっては第三者目線で書かれているのですが、それを徹底して主人公の光源氏目線、かつ口語訳化して書いたシリーズ。 もちろん視点が違うだけでストーリーは原作に忠実です。 20年以上前、当時2カ月に一冊ペースで発売されたのですが、次の一冊が出るまでに頑張って読んでました(苦笑)

約3年前

8f363b4b ed46 40b5 abf7 b1c3dfa85573813339c7 2d65 4b2d b2ac c5f4648b8d95
フューチャー・イズ・ワイルド

傑作。 フィクション&ノンフィクションとして最高だと思います。 第一線で活躍する科学者が検証を加えていて、挿入されている図表や仮想生物イラストも理論的に正しいものばかりであり、一層楽しませてくれる良書です。 でも、最終的に世に君臨するのがイカとは…。 あんなに美味しいのに…。

約3年前

レプリカたちの夜

伊坂幸太郎さんほか著名な作家さん達の帯コメントと装丁に惹かれて手に取って見ました。 ポップな表紙とは裏腹に、不条理小説のような訳の分からなさが物語のベースに常に横たわり、日々の現象としてはミステリー小説のような出来事、あるいはSFやホラー小説のような地球の摂理を無視したようなことが起こります。 特筆すべきはそれらが回収されないことなのですが、レプリカという単語がそれらを支えています。 (支えきれていないこともいくつかあるにはあるのですが…) 例えば推薦されている伊坂さんの作品を例にとると、オーデュボンが好きな方はわりとすんなり、ラッシュライフやゴールデンスランバーのようなスピード感、鮮やかな伏線回収、といったものが好みの方はかなり悶々(笑)とする一冊だと思います。

約3年前

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ

心に響くのは何よりもきっとご自分の言葉で話されているから。 ご自分でちゃんと考えたのだろうな、と思わせるひと言ひと言。 官僚の書いたスピーチを取って付けたようなジェスチャー混じりでただ読むだけの日本の政治家の皆さんには是非読んで欲しいですね。

3年前

4ff225fa c184 4da4 9a07 cd97b28afb06Icon user placeholderEb99d8be 08bd 483a a0cf b724a1456ac9Icon user placeholderIcon user placeholderF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad1134bccc2b2 09ca 4c03 ac13 b50181640c1b 22
最後のトリック

若干超能力めいた感じのするところもあり感情移入もしづらかった身としては、ノベルス版で『ウルチモ・トルッコ』という題名で発売された際に読んだ当時「…違うやん」と感じたことが思い出されます(苦笑)

3年前

4a8fd7a0 2ce6 4a55 9cc5 c7019c5d067dIcon user placeholder3e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be58dc9b1b 3998 4829 837c 0fa266dd6b6bBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485 25
ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉

もっともファンタジーらしく、魅力ある登場人物たちと冒険心に溢れた、そして創造主であるアスラン王がアスラン王たる強靭な力と威厳を放つ、シリーズ随一の名作だと思います。 最終巻の『さいごの戦い』を除いてはそれぞれが単品作品としても充分成立するので、シリーズのボリュームを前に手が伸びずにいる方は是非この作品から手に取られては、と思います。

3年前

Icon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053F8186b18 4b8c 4137 b5e5 b174df63740bIcon user placeholderIcon user placeholderDd00e078 f2a8 4deb b55a 4d6458e39248Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09 20
魔術師のおい―ナルニア国ものがたり〈6〉

ナルニア世界の時間軸で言うならこれがシリーズ第1作。 時間軸で読みたい人は是非ここから。

3年前

21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ff5106e22c d818 4bc7 92f2 940667568e63
羊と鋼の森

ひと言で表すとすると 「静謐で綺麗な一冊」 と言いたいです。 久しぶりに素晴らしい本に出会いました。

約3年前

12a43379 fcd8 4f0b 8c40 2013b181e6b2Icon user placeholderIcon user placeholder7906208f ba3b 43a8 a3cc 8a5d38c2c66fBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bdE39709fb 0887 4ab0 851f 1124c2bb007bF4facb9f 224a 4de9 b265 4be5da1fd6b6 268
その可能性はすでに考えた

目の前に示される可能性を論理的に否定していくことで事実を明らかにする、というミステリーの王道に属する一冊ではあるものの、昼と夜で同じ道でも景色が変わって見えるように、変化球とは少し違う、まさに「王道」を夜歩いた感じのする一冊です。

約3年前

Icon user placeholderIcon user placeholderF6ce5dda 1862 4b16 b852 9fe7ff383b5cD7f1f6a3 6e9f 4467 a349 c42e75626615B59507b3 370c 41f8 96b0 74ca60b1620232c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66Ad0fb00d ca5f 4af9 a16a 45c3e5afd181 12
人工知能 人類最悪にして最後の発明

その昔、レイチェル・カーソンが沈黙の春を発表した時、その内容は嘲笑を持って迎えられたそうです。 ただ、笑った人たちはその後の世界を見て黙り込むことになります。 同様に今、AIが人類を駆逐するという警鐘があり、一部の科学者がそんなことは起こり得ないと言っています。 でも絶対に起こり得ないということを証明をするのは、それが必ず起こるということを証明するより遥かに難しい。 つまりは充分に起こり得る可能性としてこの内容は捉えておくべきで、果たして嘲笑を持って迎えて良いのか。 いずれにしても解毒剤の作れない毒薬を、止めることの出来ないシステムを、利益優先で創り出すことだけはやめて貰いたいです。

約3年前

沈まぬ太陽 合本版

山崎さんは本を書かれる際、徹底的な取材をすることで有名で、場合によっては自らその仕事を経験させてもらったりしたそうです。 だからこそ読んだ時の迫力、臨場感は凄いものがあり、この本は特にそれがよく感じられるように思います。 それゆえ読む側にもそれを受け止める体力が要求されますが(笑)、背筋を伸ばして手に取りたい、そんな作品です。

約3年前

D9aa0db7 a9ca 4c6f 9e84 ace0cdb1c39b1a658a23 2c15 4578 bab5 fdc8f60c6606
八十日間世界一周

本当に大好きです。 今では狭い世界も、この時代にはこんなにも広く、こんなにも冒険に溢れていたんだ、と物語にのめり込んでしまいます。 クライマックスのシーンは子供の頃から何度読んでも鳥肌です。 ラストにはある意味トリックのような仕掛けがされており、ああヴェルヌはやっぱりすごい、何度読んでも爽快な読後感です。 未読の方は是非!

約3年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affC21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba24991656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d3d3d8eb2 a6d2 43f3 add6 1d9819f184b1
ハリー・ポッターシリーズ全巻セット

言わずもがなの世界的傑作です。 今日CNNニュースに出ていましたが、どうやら第8作が今年の夏、本国で発表されるようです。 ハリーポッターと呪われた子ども、といった題名。 ハリーの誕生日である7月31日に上下巻でリリースとのこと。 7作から19年後の世界。 ハリーは働き過ぎの魔法の大家(苦笑)、そして夫、さらには学校に通う子を持つ父、として描かれるようです。 さて、どんな話になるのか…ファンの人は待ち遠しいですね。

約3年前

2d143670 80a1 4865 95d9 4623a47dbbf573613d5c 0555 43d2 9ae6 8bc83ae6842902ec299e adf4 4a1e a392 b66b2f610644A9ebcb54 57d6 4ac5 8066 1cddacc2e9c4481118dd 124b 4675 8bcb a85c1a2340a6Ed32a2e8 b80b 4c4a 8533 bde404870682B2dcda28 829b 4d21 bbb2 e3266df4377f 55
8・1・3の謎―怪盗ルパン全集

当時本好きの子供が夢中になったのが乱歩の少年探偵団シリーズとドイルのシャーロックホームズシリーズ、そしてルブランのルパンシリーズ。 この作品は題名に惹かれ、そしてしっかり面白かったことを覚えています。

3年前

さいごの戦い―ナルニア国ものがたり〈7〉

キリスト教に馴染みがあるかどうかで、印象がガラッと変わる最終巻です。 善と悪、世界の崩壊、主による選別、選ばれた者たちが辿りついた世界…敬虔なキリスト教徒の方からするとシリーズ最後はまさに救いの物語となるようです。 逆にキリスト教を知らないと『なんで?』となってしまう、そんな作品です。

3年前

21617686 b69c 4920 ba25 bf1d3cab75ffDe9c0578 cca2 4bb1 a42f 6a40bbefdaf595ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd
「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

まるで関係ないように思えますが、阿刀田高さんの「新約聖書を知っていますか?」を読んでからナルニア国に行くと、あぁコレは…と思うところがたくさんあります。 子供には純粋なファンタジーとして、大人にはファンタジーはもちろんキリスト教に則した文学作品としても楽しめる、そんな名作です。

3年前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053455539d2 f715 4a2f 8469 10ad88e6533d14a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e1b4aab2a b3b1 4a0c b730 485fb1a6469aCd94a238 9167 4957 882c fa65a2d1ac3cE1fc7909 c16b 4c14 a0ff a29d266e8cf2
新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1

映画のロードオブザリングで初めて知った人も少なくないのでは。 とにかく重厚長大、仲間の紹介だけで一体どれだけ掛かるの…と思わせますが、それを補って余りあるファンタジーの名作であり原点であり原典だと思います。

3年前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a795334630 3abc 43ca 90c3 8007922b11939203852a 2dc8 47d1 8dde 09fd3605a723Icon user placeholderB28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56ecaC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b523444ec 4de4 4a25 9227 16bbf1a99342 13