197692da 4f9b 4c54 a928 98af41b5845d

n o b u e

むかし読んだのと、いま読んだのと、ごちゃ…

むかし読んだのと、いま読んだのと、ごちゃまぜ。 本は買うより借りる派。図書館大好き。 思い入れの深い一冊をそばにおいておきたい。

63

コメントした本

ナラタージュ

好きだなと思った作家さんは続けて読みたくなるので、 よだかの片想いに続いて2作目。

2年前

E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a351B61cf932 1c2a 400a 9bf8 d7c3a05e21df9f19ab50 003d 4bf1 8278 b5b8db6433ff34f0746a 6f52 4dff 8c03 f66cf8dff33eA1f0cf18 cd3b 436b 9e21 13edaa9ee4beC29662a3 8e72 4a61 84bf c78dad0b62bcAf53fe14 13a5 4b26 a834 95648289f1e8 90
輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへ

憧れの人の新作。 がむしゃらに泥臭くでも愚直に。 素直にまっすぐに。 いつこのかたに触れても、心が動かされる。 案の定大号泣でした。 反省しました。

約3年前

33440575 23bc 4435 9aa8 827ed0224bf3A69b1e51 a2a3 4eb9 a19c d8e41617c75eA365d493 3156 47d6 a808 50bed03c2682
きみはいい子

ハグはたいせつなコミュニケーションなんだな。 ずっと読みたかったこの本、映画もみよう。

約4年前

33c7d657 c16f 47ce b380 0f3947cdf7371525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad48a90727c f0b8 44dd a493 ed5e9e1eebb581bb9d06 5842 4da2 bbe0 7a9317857d1fIcon user placeholder427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302bIcon user placeholder 25
悲しみよこんにちは

移ろう感情に任せると だいじなものも失くしてしまう。 久しぶりに触れた海外文学。わりにさくさく読めた一冊でした。

約4年前

8c51e532 c536 4c56 8ab2 094746a752a281e23ec1 594f 43b4 8fa2 be0aceef49c4Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09fC2f081ab f47e 4d23 aff1 82175b72e1c307909d83 ab1b 42fb a710 3758c99cc53f0cc66c8c edb4 4949 bc0e 7b0cb5a4e408 54
試着室で思い出したら本気の恋だと思う

さらっと読める一冊。 接客をするお仕事なので、そういう勉強にも。

約4年前

3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b581a5af99 d802 435e ad93 aa212a4bab11Icon user placeholder1ca48db9 da36 49cf bf37 de37fb9d33f9F15df619 0002 4ae2 af5f bfcbfcb5ca636cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c 215
世界でいちばん淋しい遊園地

ジャケットが可愛くて手にとった一冊。 出てくるひとがどんどん繋がるかんじがよみたくなる。 ラストが思った以上に壮大でした。

約4年前

流れ星が消えないうちに

「たとえ星座自体が地味でも、流星群は見えなくても、その素晴らしさを僕はちゃんと知っています。」 素敵な言葉の表現。 本文もとっても素敵だけど、重松清さんのあとがきにもうんうんと頷ける、余韻を楽しめる一冊。 あとがきを読んでからもう一度、読み返したくなる。

約4年前

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0Afd5b4aa d213 450a 9c55 d62aec357061Ef37a3b0 df68 4698 9ce2 18987b2fa1f52a0e4519 dda3 4db5 8dff 8e25eeb5269c11744ce0 2f76 4f55 b7c8 6463e414010f08a91a40 13fa 413a 9850 e1a47f6e03de2f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb 117
和える-aeru-

久しぶりにどきどきした。 素敵なかんがえ、生き方、しごとが目の前にあって、 ときめきを感じざるを得ない一冊でした。

約4年前

7dbe1017 5961 4343 9c49 42015dfffc9409f4c76b cfa0 4cc9 b578 151284c8a5da
アベコベさん

ちっちゃいころ、わらいが止まらなかった、大好きな絵本!いまでもたまに恋しくなる。

4年前

あられもない祈り

息の詰まるような。 どうしようもない。 苦しくなる。恋愛小説。

2年前

50ff831e bff4 4d10 a926 08b8593996ff97a324dc 0c61 4901 b94b c33e24c3f35176341f4e cc59 4ac7 a842 947eaf42fa72Cf43965f 56fd 4377 b11f 6cb382c8b14a65b89b30 f891 4d14 89af d24e21e2fbc67328cc82 7b69 4a9a 8e67 fbed9d25f8f06f0691fd ce2c 4426 84d4 6cdc5c7521ee 11
よだかの片想い

はじめてこの本を読んでから、大好きになって、3,4回は読み返した。 女の子って強いなと、思う。 もっと強くならねばと思う一冊でした。 ひとことで表しきれないくらい好き。

2年前

Cf43965f 56fd 4377 b11f 6cb382c8b14a0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a004ed2269a 9d6a 4d17 9c79 2612fea6e406Icon user placeholderA73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f48c4ca07 3bd1 4243 8e16 dc5234d8b9b1 13
ブラザー・サン シスター・ムーン

気だるい、モラトリアムな、キャンパスライフ。 いまの自分と重なる風景が見えた。

約4年前

PictureE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2
パレード

センセイの鞄が大好きで、手に取った作品。 センセイとツキコさんの空気感がとってもいい。 内容は、あとがき、解説を読んでふむふむした。 さくっと読めるからこそ、味わい深い、繰り返し読みたい。

約4年前

53faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e2Icon user placeholderF5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c12E200c20d cad6 4d17 8d18 63b710f419091112b92e e593 4fc6 859d 07a46e3da2d5
陽だまりの彼女

ほっこり。結末に衝撃を隠せない。

約4年前

840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e02d750ff3 eaf9 4b3f b302 9936a2c560a1E7b94d4b 30a6 4cc0 a9a9 45ba8574a351B61cf932 1c2a 400a 9bf8 d7c3a05e21dfB1cec67f d70b 492e 8be0 e66df8f36656Cfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec 137
ジヴェルニーの食卓

印象派がすきなわたしにとって興味をそそられる一作でした。これを読んでモネ展にいきたい!

約4年前

Ac789350 b3b4 43ab b635 edb3af94bbca4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a2F6def76e 5d46 4349 aa55 034be506ccd2095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f8424ff58 6f3b 4fbc ab8b 5d1df084f5647996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb849046baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55 104
センセイの鞄

高校生のときに読んだ、大好きな一冊。 再読したい。

約4年前

3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2b5b0ed130 b34d 4791 be03 e05a61fe358fF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c797Icon user placeholder8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda646c1f5afe e15e 4103 b5e0 35c53a93d71835c5fa07 46a3 4ac8 8671 433e5affda5b 84
少女は卒業しない

満腹になった短編集。甘酸っぱい高校生活を的確な言葉で表現してくれる一冊でした。

約4年前

E524c3c4 c31b 442b b205 216ab749177994c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea90B893b65e a6fc 467c b489 37f8d4957c4d147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e04a0c167 8084 4a4f 93ca 037707e6e1d15e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38C73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7b 15
祈祷師の娘

つながりを意識させるお話。 家族とかそんなんじゃなくても、 深く付き合うことからできる関係性、つながり。

約4年前

デザインが奇跡を起こす

大学1年の当時、衝撃の一冊。涙が止まらなかった。

4年前