506cf0d6 df20 4fbd b3b0 06f3cc147038

nnnddd

気まぐれで小説ばっかりよみます

気まぐれで小説ばっかりよみます

29

コメントした本

トリツカレ男

優しさが詰まってます。 ありふれた温かさと、わくわくするようなファンタジックな感じと、どっちもあって、なによりもとにかく愛。 心から人を想う、ハートウォーミングな物語です。

約2年前

0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8D6ad3910 da2b 4fd4 87cb 8fee25fff124Afd0a422 fc24 41e9 a898 ade70f044fd42e09f365 42dc 471b b4a6 ad9c7a0568fcA7b615e2 7ac1 4e8a a3af abd9564c83acDd517400 d168 4f5d 875b 2fac2998dcd2866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4 63
図書館戦争シリーズ 文庫 全6巻完結セット

今まで出会った物語で一番大切になりそうです。( ; ; )

約2年前

A92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955fF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacC7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a2A889990f 3313 414b a1b1 617c76c389221b56cd93 4dda 4d56 a4d9 063aa1146824A1f2689f 2272 4c60 9d20 2bacb1ab849f1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387 18
夜のピクニック

この物語の頭から終わりまでの時間を埋め尽くしている歩行祭というものが、それぞれの青春、人生そのものを表しているようでした。 人生、時間という容れ物の中でそれぞれの時間を詰めて生きていく、容器の大きさも中身も人それぞれで、ただそこにあり続ける時間の中を生きていく、そんなようなことを感じ取りました。 にしても高校生っていいな〜〜

約2年前

2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d3311D7d91b99 7cd9 4f9b 8d7e 184545b18de1F0654e9c 05de 4249 b11e 3f7e97e05223A1e6cf78 871a 48a2 87e9 ab779b36c13fIcon user placeholderBb0d6aee befc 4e8e a9fc 2b577472e97911a604ac 86d0 4060 a3cc e149b56dcc5f 261
流星ワゴン

話題になって何年もしてドラマもとっくに終わって、今?みたいなときにやっと読みました。笑 父と息子の物語で、娘としては誰と重なったということはないかもしれません。 ここに描き出された子を想う親の気持ち、親子の関係を感じながら本編を読み終えて、重松清さんのあとがきを読んだところで今までの親の姿がぽろぽろと浮かんできて涙が出ました。

約3年前

B357c5d4 925d 41dd 87d5 a56b7026539933d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd1874d928 233b 40f7 b906 2221f43e9a9b0da3ebe1 f79f 4361 9389 02ece01696d1F239bf4f e528 43f7 b5f6 1a87afa865f0Icon user placeholder 78
うつくしい子ども

最初詰まり詰まりな感じで読んでいたら、真ん中辺りからは一気に止まらなくなりました。 メディアとか少年法とか、シンプルで難しい意見がたくさん挙がりそうな言葉が出てくる題材だし、ハッピーエンドかと言われると頷けないのかもしれないけど、読み終わって残る優しい爽やかさで温かい後味。

約3年前

9d1a2f70 1cd1 424c 9a07 1da8e7b7d6344d2103cf f3bc 4f25 b21f b69df65d27dd
アヒルと鴨のコインロッカー

この本、この物語がまるごと愛おしいです。 早く先を知りたくてでも終わってほしくない!って気持ちは久しぶりでした。 映画もみよう。

約3年前

2d5edc6f 5ff8 4b10 923e f58e258d33112b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fCfe5b19d ec20 49d3 a183 ae00848b7093B307e392 1cca 43a1 919e 4f40d8e1fecb1b14913b e1c6 4126 adcd 1f5a003a9218De457993 8683 4724 ae04 5b8645cc19b0 177
恋する日本語

日本語ってよいなあ、と思えること自体が幸せだなと思いました。美しい。

約3年前

0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb858A73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e9534ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a14d2901fa e245 480c aa2d fc00ad02c173 17
メリーゴーランド

ラストシーンでほろりしました。

約3年前

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd2922c3cce8 91b5 4fd2 a677 527a8baf977d0a17d43d 1c1a 40be 807c ce17dd69d7a8C21e0cf0 962c 4e63 86ee 303caba249917ccfbf73 3075 42a1 ac99 54ddf1f2c1f352f57cb8 4850 42c5 9726 455b8c48302428bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31 10
ナイフ

それぞれの人の毎日、家族とか、生き方とか、在り方とか、ちよっと胸が痛くなるけど向き合える本かなと思います。

約3年前

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6fIcon user placeholderIcon user placeholderE153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e01479437c007 975d 417c abab 9115cb628414D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f926c25d97 1156 42f8 955b 3db2d3d623d6 20
4TEEN

中学生男子のやんちゃさと、4人の間柄と、爽やかで愛おしいなと思いました。

約3年前

Icon user placeholderC45851f5 3fe4 4aef a4b3 c83e2d0c645c151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902A837d294 39a7 490f 84c6 f331de32340d 32
レインツリーの国

小牧と毬江がこの本を共有したことを思い浮かべて読まずにはいられないです。。。 有川浩さんの書く人物は、作品に描き出されないところまで想像してしまう・できてしまうほど、どんな人間なのかよく見つめられているなと思います。 伸とひとみ、それぞれの魅力的なところと不完全なところが溢れかえるほど伝わってきました。 手を取り合って、思い出や時間や未来を共有しようとする二人を見つめる傍観者としての幸せを感じました。

約2年前

7557f22d e4d6 4bc3 a72d 42ecba5f345571791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41F3b5f76b 9a8d 4ccc b31c 6a221f502f10Cd863559 7d55 4c99 a158 053c1751ff92F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afIcon user placeholder 83
ボトルネック

東尋坊、実際に行ったことはないですが、凄まじい魔物感! 私はこの主人公と自分に結構重なる部分を感じたのですが 終わりがまあ後味の悪い方向を連想させるのでなんだか落ち込んでしまって、 この物語を胸にがんばっていこうという心のお守り的な本にはなりませんでした。笑 でも、誰しもが心当たりがあるはず。 生きる中で少しずつ積み重ねた怠惰や、至らない自分の存在と否応無しに向き合わされるお話。

約2年前

2b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc753461f976 7283 4644 a020 6250675cff38A69287d7 cf67 453c 995b 2284f4d08081Icon user placeholderIcon user placeholder9958be5b 07b4 4900 82d8 7cf7da3c6b4dIcon user placeholder 33
オレンジが歯にしみたから

伝わってくる雰囲気が、味わいが、よいです。

約3年前

ピンクとグレー

NEWSは好きで、 「シゲの書いた本」という色目抜きで読もうというのではなくあえて一言一言に彼を意識するのを無視せずに読もうと思ったのですが 描写がただの文ではなくとっても小説然としていたことにまず驚き、結局普通に楽しみました。 どうしても、りばちゃんはシゲで脳内再生されます。この本がシゲの本じゃなかったとしてもシゲを思い出すんじゃないかというくらい。笑

約3年前

Eeb87767 76fa 45c2 86b2 fc82842253a2763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460De18f7c1 0729 43cd b1fa f04d0d592b025e4feb60 884a 4ef9 a83e 9143bdbde224Icon user placeholder93584640 80d4 4243 ac2e 6706c813f0de5b7bf3d2 16d1 44e0 9012 c31318f9357c 34
さがしもの

ずっと前、古本屋さんで買った小説に、前の持ち主がしおりにしていたらしい旅券が挟まっていたことを思い出しました。 「ミツザワ書店」と「初バレンタイン」が特におきにいり。

約3年前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f084bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae78a3c6c69 7e82 4ce3 b03d 6811f4e797c4417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f5e3a733c dc2e 4da1 acee b4090f6b569dE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aea0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00 56
世界から猫が消えたなら

「人間は何かを失うことに際してやっと大切なことに気づく」 というテーマは往々にしてありますが こういう風に文言にするとどうしても薄っぺらい感があるなと思って。 と言っても実際そうだから、これが一番ジャストサイズの表現なんでしょうね。 「あとで必要以上に後悔しないようにこれを読んであなたの大切なものやこと、その大切さに気付きましょう、今から手を打ちましょう」というよりは、 来たるその日に向けて毎日を着実に生きるしかないのかなと思いました。 でも、 この本に書かれたこと、この本に出会って泣きながら読んだこと、そっくり全部、絶対に忘れたくないと感じました。

約3年前

6590305c 3627 4980 8493 3877e43bb053D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f09e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464563d35c1 cd84 442e bc22 abfd54b1af18Icon user placeholder763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd 243
すべて真夜中の恋人たち

主人公が堕ちていくところになんだか共感しました。

約3年前

Ooebgixj normal384d5bf7 982f 4435 8df5 a0c7571b46afF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113Bac6a214 dc6a 4970 8724 4ae03d9fd38eIcon user placeholderD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241 48
乳と卵

ひとつひとつの描写が、目の前で起きてるのがありありと想像できるリアルさでした。本の命題みたいなものが、いい意味ではっきりしない形かつストレートにどんと残る印象。

約3年前

Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae74b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff5aea1110 21be 4f0a 8aa2 de0731b199dc057d2afe 8924 450d bb96 3e12f5f89a94D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86 47
つくもがみ貸します

神様たちの可愛らしさたるや。

約3年前

A26871c0 3322 4824 ac4c f2717d6f8e125a8a499c ffee 4107 9fad 3c209d7669ed34ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60B0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e
八日目の蝉

なんでこんなにダメなんだろう、って思う人がたくさん出てくる本。ハッピーエンド感は強くないけど希望があるような、人生の節々でふと思い出しそうな再生の物語。

約3年前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f0b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f2Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7450702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f1Icon user placeholder 73