Df294017 d183 436e 8e14 12aa00edcccb

広告批判してたけど、今は広告作ってご飯食…

広告批判してたけど、今は広告作ってご飯食べてます。 M2まで社会学部で研究をしていた、ただの人。

135

コメントした本

ヘヴン

うれぱみん。 「そんなことで大事なものが失われたり損なわれたしなんてしないわよ。残るものは残るし、残らないものは何したって残らないんだから」

4日前

16ffd0af 7188 4a79 9aec fed76326f4da2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856feb7a773f20 16b4 4863 823f 2f9b203983b67c1b1289 399e 445f a1a7 2eea4c2ebab4C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9a7654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1f137e1a38 296f 49f1 a94c c18c5afca2b4 48
センスをみがく文章上達事典 新装版

一応文章を書く仕事をしておりますので、読んで見ました。小説家になりたい人が読んだら良かったかもね。

約2か月前

F51e8a3c db1f 4b15 ad1f b2f3f60e21d491e4ea0d da72 4a44 bb52 0c035f3ac80e9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c5474649911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200
乳と卵

川上未映子のだらだらと続く独特な文体は好き嫌いがはっきり別れるだろうけど、私は好きだな。というか、私もそういう思考をしてしまうことがあるなと思う。たまに思考が追いつかないこともあるけど。

約2か月前

2fe6ee53 e4e1 4076 9c3f 8dd643856febIcon user placeholder0b2c8078 e178 4bc4 80a0 55f6c27bea147654c38f 2a7a 482c ae61 67580a32ab1f84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae74b7ed642 4753 4367 a6f0 373647a8c060640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 51
さくら

読了。 家族を見つめる2番目の兄弟の視点は私と一緒だと思う。違うのは兄をちゃんと尊敬しているところ。

3か月前

0afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Icon user placeholder5efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3Icon user placeholderIcon user placeholder1f96cbef e9bb 4f22 9ad0 c1aa1bc56585 47
本日は、お日柄もよく

言葉を使う仕事をしている身として、すごく面白く読めた。 初めての原田マハさん。読みやすい文やストーリーの無駄の少ない展開がすごく好印象でした。 他の本も読んでみたい!

5か月前

1d792b4b 0df3 4c17 bb19 f7f3199a41340074039a 6087 4388 9a14 20afd3704b3733d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869026590305c 3627 4980 8493 3877e43bb053607f0293 fba4 48b0 acf6 8fcb53b0e0f443bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1a7dde3365 4643 40e3 9ed7 37d3eb2c568e 217
小沢健二の帰還

沢山の積読をエスケープして、一気読みした! 1987年生まれの私にとって、小沢健二さんは小学生低学年の時になんとなくテレビで見たラブリーな王子様。 気付いた時には日本で活動をされていない時期になっていて、なかなか会えなくなっていて、大学生ぐらいでそういえばあの時の王子様は…と、自分でレンタルショップに行って初めてちゃんと借りたのが、2008年ぐらい?それから、一生懸命に追いかけていたら、じわじわと復活して来てくれて嬉しい限りだったのです。 私が見た、「うさぎ!」を書いたり、徐々に復活しはじめる小沢さんの動きを、より細かく丁寧にまとめあげてくれていて、すごく面白かった。また、私がよくわかっていなかった、ニューヨーク後のエクレクティックや毎日の環境学などについても細かく考察してくれていたし、あと小沢さんの発言の裏にある学術用語的なもの(学者の誰かの発言を意識しての言葉など)も、しっかりと拾ってくれている感じは社会学で大学院に行った身としてはとても嬉しかった。いい仕事をしているなぁと感心。(誰目線?) こんな前の人を追いかけて興奮していたのは私だけじゃないっていうのが、嬉しくて、やっぱりすごいなって思う。 「本当の心は 本当の心へと伝わる」そんな気持ちにさせてくれる。 帰って来てくれて、本当に、ありがとう。

8か月前

63529e11 2b01 404f bd54 88b75f099194Ce72e7dd db7f 440d a4e1 b19001e00ca5C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9aE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1E3ae656b 89a1 48db 9b5d 86eed26786e535b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe43889e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e 9
フランス人は10着しか服を持たない

まえから読んでみたいとは思ってたけど、買うまでは…って感じで、文庫版になったので読んでみました。 服の話だけじゃない。 まぁまぁいいことも書いてある。 まぁでも、そんな当たり前のことドヤ顔で言われても…みたいなところはある。 こういうのが流行るのね〜。

約1年前

Icon user placeholder7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4d4555fc51 fc1d 47b5 bf39 5ca10d5dac88Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d536f4f546 1a34 4a90 b4bb 9aab8e8c62ea488fe7a1 db79 45e8 a3e1 c730a3f41e91A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57 11
29歳

なんとなく、女性が書いたものが読みたくなって、図書館で借りてみた。 ちょうど私29歳。 世の中の29歳とはこんな感じなんだなぁと確認した(笑) 不倫率の高さよ。小説だからかいな?? いろんな29歳がいるなぁ。 改めて自分が今どこに立っているのか、確認できた。と、思う(笑)

1年前

オトナ女子の不調をなくすカラダにいいこと大全

アラサー女子必読。 お家でできること、まず自分でできること、満載。ちゃんと、お医者さんや鍼灸師さんが監修してるので安心。 ネットの嘘か本当か分からない情報に振り回されないために、お家に1冊。

1年前

E4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d29e483a0f 8aff 4929 bfcc 8191523a6baeD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c860023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7cF1d82294 37be 4f7b bcac 707fb182f1ddA03515e2 6a78 44d2 883c fd5d8cbc5c0bB0d71fe1 59fb 4540 9b5f 9b77bc8cc06e 20
オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ

文庫版で読んだ。 他の本でも一貫するけど、なんだかよくわからないものを、すぐに白黒付けずに、自分で体感して実感して、理解したものだけを受け入れ、わからないものに関しては、わかるまで切り捨てずに、わかるまで見つめ続ける。 そういう森さんの姿勢がいつだって好きだ。きゅんとする。 「あなたは信じますか?信じませんか?」その2択だけで語りきれないことが、書いてある。 幽霊、宇宙人、超能力、念力、スプーン曲げ、あの世界はなんなのか?もしかしたらいま私たちが生きている世界とは別の世界で、何かしらない力が動いているんじゃないか?と思えてくる不思議。 世界は脱魔術化して〜とか論文書いていた私としては、そういう時代もあったんだからありえないことじゃないと思ってる。むしろ、またそういう方向へ戻ることもあるんじゃなかろうかと、思ってる。 面白かった!

1年前

51a6aa47 efcf 4a67 9553 4ae3d65d61ddBcd9e566 3d4e 4e46 b67b faad248c03e2F62a482c 28ff 49eb 8937 36fd60cec397266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abf9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d
異邦人

京都で妊娠生活を送る女性の話として 興味を持って読み進めたけれど、すごく面白かった。 京都の豊かな四季を味わいながら、のんびり読んでいたつもりが、後半話の展開が面白すぎて、あっという間に読んでしまった。 ちょっとしたミステリーみたいな、様々な人間関係が入り組んで、ドキドキハラハラ、え、そんな?!みたいな。 こういうジャンルあまり読んでこなかったなぁ。 原田マハさんの作品2作目だけど、いつも読みやすく、どんどん読み進めたくなる感じすごい。

約1か月前

Icon user placeholderIcon user placeholderF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholder66feff89 7503 4093 b855 5506bddb18689d876457 db08 4f8a b28f b40e68686d52C03ba3cc a965 4760 9953 8a0907da112b 18
行動経済学まんが ヘンテコノミクス

旦那さんが読んでたから、拝借して読んだ。

約2か月前

A9dc6633 f1a2 499f 9323 2b97ee39c315Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de097b2bc0 f764 439d 8eb1 309c33c757b801075321 a445 49e0 a72d 37330b98d1a6 50
ききがたり ときをためる暮らし

仕事で2人の映画の存在を知り気になっていたこところ、英子さんは半田出身、修一さんはヨットを乗るということで、うちの父母とかぶるところがあり読んでみた。老後に備えて。

2か月前

C2039ba3 6474 44c5 958c a0c086c45b26C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc134c3e6f8f 242b 4d8b 9e24 891cf5ee82a81a8344a9 7c43 4d18 82d8 ff4d68e2951cAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a76426980bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774
君たちはどう生きるか

大学院の時に出会った友達に勧められて、気にはなっていてちょっとは読みかじっていたのに、読みきれずにいた本。 ブームに先越されてしまったのが悔しくて、やっとこさ読み終えました。 前半の1つ1つのコペルくんの哲学も面白いけど、後半の友人づきあいの展開もなかなか面白い。 やっと読めた!という達成感。

4か月前

D4f58d88 cacc 444e 98ed e78a0362b8f06540d065 b84a 4ad8 9102 372738f03d55Icon user placeholderBf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1B4241109 f10a 4dee ab93 a8be082488f8Icon user placeholderAkiaivjyeuyp25rambwa 119
デザイン入門教室 確かな力を身に付けられる ~学び、考え、作る授業~

前職では営業も兼ねていたし、そんなのデザイナーさんでやってよ!って逆ギレしてたけど、これからはちゃんとデザインのこと学んで行こうと思って。

5か月前

563d35c1 cd84 442e bc22 abfd54b1af1823ad9c9c 23c2 4e3d 94ca c721b2efea40148ad82b cc80 4c78 aae9 03fc0aee6cdbDfffde64 8a76 4886 9252 199191df729eD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Icon user placeholderB07f5688 1ed2 4102 a122 8b292238f74c 16
アイスクリームが溶けてしまう前に

アイスクリームが冷たいのと同じぐらい当たり前のこと。 当たり前と思っていた冷たいアイスクリームが溶けてしまうこと。 * オザケンさんジョークも交えながら、アメリカでのハロウィーンに触れながら、家族の愛、子供の頃の純粋な気持ちを思い出させてくれる。 * 私にもそんな時があったかな? 高校生になるよりもっと前、小2ぐらいで、アイスクリームが溶けてしまっていた気がする。。。

11か月前

63529e11 2b01 404f bd54 88b75f0991947d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d69904551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4afF323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdIcon user placeholder35b888f7 1e65 4982 ba27 1839a5ebe438 17
チャンキ

メディア論的なエッセイでいつも面白く読ませてもらっている森達也さんの、長編小説。 ずっと気になっていて、やっと読めました。 死ぬことを通して生きることを考える作品。 最後駆け足で、「ん?」と思ったけど、 だいたいはっきりした結末は絶対の正解をハッキリと描かないのは、森さんらしい、のかもしれない。 小説の中の世界では「タナトス」という、急に死にたくなる流行り病?が日本だけに起こるという設定だったけど、 別に小説の中だけじゃなくても、私もいつ死ぬかなんて全然わからない。とおもう。 なのに、どう生きるべきか、ちゃんと考えられてなかったなぁ。。。

1年前

1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd7520D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f7
いちばんここに似合う人

刺激的すぎるので、夫に隠れていない時に読んだ。 こんな生き方…と思うけど、でもだからこそ、リアルだったりするいろんな話の短編集。 残酷さも容赦ない。 個人的には、『あなたを選んでくれるもの』を先に読んだのだけど、そちらの方が好きだった。どちらにしても、タイトルが好き。『いちばんここに似合う人』も良いタイトル。 私は自分の居場所、仕事、生き方に似合っているの??

2年前

84bda6eb 64c2 4e5a 8be4 5fa9fc382ae75faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6c1852c7f9 c8a3 4c55 bfe9 81a2fc5cd66435febbaf 965e 4a53 8879 a37b3862c0e47d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bfA73e8a20 ae9e 405e 875d edefb8a38a6a39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e0 31
働くことの哲学

帯コメントが國分功一郎さんだったので読んだ。 今の仕事があんまり好きじゃなくて、ここ2年ぐらい何度か逃げ出せないかと転職活動を試みながら失敗を繰り返していたところであった本。 だらだらいろんなのに浮気しながら読んでしまったし、買ってから読了まで半年近くかかってしまった。 「私の印象では、こんにち私たちは概して仕事に過度の期待をかけており、とりわけ仕事は、私たちが生きて行く上で、必要とする意義をもっとたくさん提供できるはずのものだと思い込んでいるようだ。」 「過度の期待」持ちすぎていたかも。小さい頃から大きくなったらなにになりたいか聞かれ、それがその人そのものであるようにみられ、就活のエントリーシートなどでは自分の人生とその仕事を結びつけるような感動的なエピソードを求められ…仕事ってそういうもんだと思い込んで来たけど、読んだお陰で少し肩の力が抜けた。今の時代が仕事についてかなり贅沢な考えをできるようになっただけ。でも仕事中毒になって仕事以外にもっと大事なものを見失ってしまっては意味がない。 とりあえず、今の仕事は、仕事以外も大事にする時間をそれなりにくれるので、それだけでもありがたいと思っておこう。 だらだら読んだので途中頭に入ってないところもあるけど、すごくスマートに仕事についてまとめられていた印象。それについて論文とか書くならまた読みたい。いつだよ、書かねーけど。

1年前

Fe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a51c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75205b6a3560 0665 41c4 8f1f 8b39ae0a67f77c3ca2ea 4d84 4876 88b5 ca265c14cbaf
啓蒙の弁証法―哲学的断想

大学院時代に読んだ、私の人生における大切な本。 新聞社で出会ったOB記者さんに当時読んでいた書き込み入りの本を譲ってしまったので、やっと2冊目を購入!

約2年前