87fd6900 ee05 4d42 83b7 146c5554a720

Noriaki Watanabe

書店員です

書店員です。大学の研究室まわりをしています。

37

コメントした本

弱者の戦略

強者が生き残るのではなく、生き残ったものが強者であると著者は説く。さまざまな動物、植物の生き残り戦略を分析することを通じて、生き残ってきた生き物は全てナンバー1であること、弱い生き物にとっては環境変化の時こそチャンスであること、などに勇気づけられた。生命誕生から哺乳類、そしてヒトの誕生、人類が地球の「支配者」となる壮大な歴史を描いた「あとがき」に強い感動を覚えた。

約1年前

8315f216 1ee8 4368 81b8 48bb7e571b9cFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deDbb8f88f 405c 45e1 babd a664f14a104f27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064ccD70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009cBc482d25 4e64 476f 975e 4e550ae3be15 8
ヴェニスの商人

久々に再読している。

2年前

2cd9ea8f e4f1 4dd5 8dc8 75fd475bf2a075dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab1
本棚にもルールがある---ズバ抜けて頭がいい人はなぜ本棚にこだわるのか

増え続ける本をどうコントロールするか、メガブックストアをいかに歩くか、など著者の実践から学べることが多い。「特別付録 [HONZ特製] Webで読まれる書評の書き方」では、読書メモや読書感想文とも違う「書評」の書き方を指南してくれる。活字中毒人間必読の一冊です。

約3年前

Icon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholder27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5Dbdc881d 0597 4aaa a484 994bf5dedd1f8a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e95979b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d 19
増補新版「物質」の蜂起を目指して――レーニン、「力」の思想

「なぜ、あなたはレーニンを読まないのか?」 著者の挑発にまんまと乗ってしまった。8月はこれを読もう。

約3年前

こころの処方箋

「人の心などわかるはずがない」、「ふたつよいことさてないものよ」、… 精神的につらい時、この本に助けられたなぁ。

約3年前

Icon user placeholder0fa3e0fb 6e3c 4c88 9678 04ff03bfd8c089bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd291ac7bba4 f354 4e9c ab89 1a58810128f12c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff 27
若者よ、マルクスを読もう

BBCが1999年におこなった「ミレニアム(1000年紀)最大の思想家は?」というアンケートで、マルクスが第1位になった。マルクスの青年時代を知れば、その秘密に迫れるかも。

約3年前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4affEb6a38d1 3bea 4d84 89e4 6e5760017087
沈みゆく大国アメリカ

オバマケアは超富裕層によってビジネスチャンスとされてしまった。彼らがアメリカの次にねらっているのは日本だ❗️

約3年前

63431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e4f77893f a60d 452c b73a 6913489f0fc537448392 1099 4c24 8649 8c17cc8c2aa6E4a12636 8e00 4f1e 8113 af75866ad5e3
いま、この研究がおもしろい

大学や研究所で研究者がどんな仕事をしているのか。様々な学問分野の第一線で活躍している研究者が語る。テレビで見かける方が、どうして研究者の道に入っていったのか、普段聞けない話もあり、興味深い。

約3年前

三遊亭圓楽「目黒のさんま」

Audible版で堪能。耳での「読書」もいいものだ。

2年前

秋葉原事件 加藤智大の軌跡

凄惨な事件の報に衝撃を受けるも、断片的ではあったが犯人のプロフィールを知るにつれて犯人への同情を禁じ得なかったのはなぜだろう。その事がずっと気になっていたが、その疑問を丹念な取材で著者は解いてくれた。やるせなさは消えはしないが、読んでよかった。

約3年前

7d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c73a03af32 960e 42e5 b407 59d6f9872045
本屋になりたい: この島の本を売る

東京の大手書店員を辞めて沖縄で小さな古書店を始めた著者。駆け出しの古書店主の奮闘と日々考えたことを淡々と描いている。読み手をして次第に古書店をやってみようかと思わせる危ない(笑)本。

約3年前

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b132617cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa525536880 d155 457b 98df d8a14c335b05308a51fe 6c16 4656 9c65 c3858a8c1b268a5f1d13 9444 441b 9d8d f86410118858B28a5f05 1612 43f2 b125 9f281d64fea403e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d2200 33
ギリシャ危機の真実 ルポ「破綻」国家を行く Mainichi Business Books

ギリシャのデフォルトがまさに現実となろうとしている。ギリシャ問題を解明した本が無いかと探してたどり着いたのがこのKindle本。「ギリシャから見たギリシャ危機」をテーマとしたこの本は、刊行から約3年経っているが(底本は2010年、Kindle本は2012年刊行)、今の危機を理解するには決して古くはない。

約3年前

帳簿の世界史

タイトルと装丁を見て即購入。他の本を読むのをやめてこの本に取り掛かる。

約3年前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69645807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1C45c5aa1 18f1 465a a26e 21879eebd50a0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cAe79dda6 0f0b 4a7e b5c6 0cd26ad229248f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db 11
ウォール街の物理学者

2008 年の世界金融危機。リーマン・ブラザーズなどが相次いで破たんしていく中で、悠々と利益を上げているヘッジファンド があった。この会社には、金融の専門家は一人もいない。その秘密を知りたいと思ったら、読むべし。

約3年前

5607e1db b8f8 4ab1 972b 23a1b09ea0f5Ed403c18 f8e1 4c56 8a3d d2c2bb235b4f
本能寺の変 431年目の真実

著者は光秀の子孫! 「歴史捜査」の手法で「本能寺の変」についての従来の定説を覆す過程に興奮します。

約3年前

8a2f677d c6bf 4efd 9fe1 61d2cc574ae8Icon user placeholderA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32Icon user placeholder5e9afe22 50b3 41ad 8d50 a1fcb26945b685c6be37 dbbb 4c9e b644 193fb010fe09511ab084 16dc 414f b41b db982e6e2496 16