B4e41110 b2dc 4212 a002 9adf060c06f6

youka

自由奔放・天真爛漫

自由奔放・天真爛漫。 猫とコーヒーと、においがしてくる本が好き。

37

コメントした本

シンケンケン バリ

バリでやんちゃするコージさんの旅日記。スコールのあとの道路の匂いや、ジュプンの香り漂う。

約3年前

不器用なカレー食堂

起業や旅について参考になる。何より著者のまっすぐな気持ちに、目の奥が熱くなる。

約3年前

Ee751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f8982e2ed6 3e7c 4410 ac27 43143492fd9961a2aff9 d6fb 402c ab84 1cf53e617399E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f24a1cb48 1125 4abb 94b1 a36b7246dc1c73c19a9e 2757 40bd ae03 8b439afeabcd 8
よろこびの日―ワルシャワの少年時代

著者が幼少期すごしたワルシャワが鮮やかに浮かぶ。クロフマルナ通りはまだあった。

3年前

文学会議

化学の公式みたいに単純な動機の後の展開が、奇想天外すぎて、もう吃驚仰天。

3年前

D487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869Abb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca1414dbd1cd4 c787 4191 bbcd ec7b3bb6e8ad75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec030394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118eEf4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854a 9
うさぎさんてつだってほしいの

小さい頃好きで読んでいた絵本。点描と色合いが、しっとりした外国のにおいがして。

3年前

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

忙しいときはとくに、読み返して人生における身のこなし方をおさらいしている。

3年前

Af143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822fD59b3adb 2ab9 420d 9ed0 8dd4e62a56b6Icon user placeholder55630e9f 2915 4f22 bb80 1b77f5dd51202f9c8e23 5832 4f9a 848c 70f8907e72b5Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66Icon user placeholder 43
インド夜想曲

油と香辛料のにおい、濃い夜の空気。すべてが渾然一体となった物語に陶然とした。

約4年前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b43Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9b9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dEd17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f3872bc0c 74da 4d32 9c5e 5372c82aab89E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4 15
アンネの日記

西暦と日にちが書いてあるからこそ、アンネを思うとなおさら胸がしめつけられる。

3年前

猫と庄造と二人のおんな

阿保の庄造と、どこ吹く風の猫。面倒なことは放っておいて、こんな猫になりたい。

3年前

Icon user placeholderF5bbdeaa 3951 4189 9225 eea4ab73955e77f51409 4b4d 4122 9a71 3913d352d3f400262ceb e827 42de bd86 ac14d32025857965fa74 799d 4aa0 bec0 5f7162f61676225f01a5 1c36 431a bd7d 60344d661cf8Dd0fb0df b036 4c15 b0e7 05aa684912a6 13
にんじん

にんじんのために涙は出なかったのだけど、にんじんママはぶっ飛ばしてやりたい!

約4年前

忘れられた日本人

常一さんのような「暮らし」を見つめる視点で、世界中を旅して歩くのがわたしの目標。

約3年前

0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a4b0c5241 80a2 472e b848 f6014e0eb7564c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d6353642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7448a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe11707acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65899cf344ec 9c29 416e ad23 9400af4682b0 27
夜と霧 新版

「愛は人が人として到達できる究極にして最高のものだ、という真実。」

3年前

8e492e1d 9089 4c2a b1f3 7f1a12b4751eBb4a8563 261c 4319 9007 fd31340978bcIcon user placeholder56753dce 7323 417e af20 2db13fe1c1fb3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bdaIcon user placeholder760c3e9d 2898 4c03 8edf 52777bc136ec 155
高山なおみの料理

デザインがとにかく素敵で、お手本としている一冊。そして、どれを作ってもおいしい。

3年前

ジャングルの国のアリス

アフリカ探検が流行していた昔々に書かれた冒険記。子どものアリスの視線がいきいき!

約4年前

さきちゃんたちの夜

仕事仕事で男になりそうな時、女を取り戻させてくれるばなな節。豆スープ食べたいな。

3年前

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51E1bcb276 3ad6 4c8c 87fa 8e8b0e77dd5aD3f10d98 87b1 4c10 8449 416c757048feA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fIcon user placeholder597efd8b 4927 40e8 aba8 bd7b71010c899ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3 49
生きるための料理

歳を重ねるにつれ、食べ物も、さらにはライフスタイル全体もシンプルがいい。

3年前

50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be8cfbd4c3 9206 47ae 965f 95f4dcfdda6471e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699dbFe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa408f51c03 55c2 42aa b23d 942a31714005
銀座ウエストのひみつ

ウエストの商売哲学、勉強になる。まじめにこつこつ努力すのるは、やっぱり大事だ。

3年前

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce8Ebf18953 c636 47a5 a262 63688c1b161f
猫―クラフト・エヴィング商会プレゼンツ

登場猫が生き生きと描かれている。どの猫が好き? わたしはやっぱり谷崎の猫。

約4年前

春になったら苺を摘みに

相手を認める、ということを改めて考えさせられる。国境や人種や宗教も越えて。

3年前

9532ba83 a279 4d3a a67b 63cdafffe50cEeace204 92cd 45f3 bee9 043d2493b4eeEdab94c6 2a56 4ef3 964e f8e6ee5d2606A04f9974 e38b 41a9 8995 7d08d78ed2288f579e8b 35a2 4af8 8f6f 63a7a60dd8826c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 28
国のない男

ヴォネガットのエッセイはもちろん最高だけど、このブックデザインは超傑作!

約4年前

4f8e614f ec35 4985 9704 318bf3471b430e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cC555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c014253d4 6080 4951 9119 24735184a6962a7b10e5 10ef 4150 b84e c37652fb59dd3e10e82a ae43 4aab 879f 7bf7e8378b2bBa360e84 4dbf 414c 8b57 3219b8882d49 22