Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b

Kei Kawakami

I love books

I love books

42

コメントした本

かがみの孤城

思春期の難しい中学生の男女の心の動きを繊細な心理描写ときめ細やかな人間描写が素晴らしい。そして、その中に織り込まれた伏線がまた秀逸。

6か月前

43a8ebab 3fdc 430e a11a d82d8e82047a9908e875 f19d 4b83 9e94 640572b543184dc74e3a 3706 4fb7 95b6 ae9b08fc50c34e5c55a7 8347 4f68 b430 1ee37687c182Icon user placeholderEea3b245 5844 44c1 b36c a61c85983ac1Icon user placeholder 356
崩れる脳を抱きしめて

久しぶりに読み急ぐようにページをめくってしまった。最後のどんでん返しからの話の加速感はすごい。いろいろ伏線が張られてきたのは、わかっていたけど、このように繋がって行くとは思わなかった。

7か月前

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbC7f3c31d 91cb 4578 993b a4c9b9d0fc61Fadf5f50 bf83 4a3f 92dc cc4ac7dfd6a1Icon user placeholderF278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e1Ce5d21cd cf6d 4b88 a74c 3aa3aa94721f184f0dd6 0aa3 4da5 8d62 c708d148d8cb 27
キラキラ共和国

ツバキ文具店の続編なので、前作を思い出すまで時間かかったけど、思い出したらあっという間。 情報としてではなく、感情として、登場人物の心情が心に伝わってくる優しい文体ですごく心響く。今のインターネット文化にはない、人と人との対話が奥深さが文章から伝わってきて、読んでて、とても幸せな気分になれる本だった。

7か月前

A497086c 1bd2 4c8f 9e96 e729c6074ba4F4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc32134e2109ae d02b 4562 9a5c 7b40d63d529f7d63454f a1c2 4f21 bce2 600a21436b0089be88c9 57dc 4155 b5d1 69f8e8c9ead90afd0383 1cee 44d2 8c27 77c9c68bbb76Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de 52
AX アックス

いつものテクニカルなストーリーはそこそこに、人間観察ような、人間模様が面白かった。たぶん男の人が読んだ方面白いと思う。

8か月前

3e378c1c 2d20 4c3c bb84 03579ca1ddfb3a4687c0 918a 4782 9d6c f9ef826cd6e1Icon user placeholderIcon user placeholderEbd142ef 988c 43e4 bc30 62c5c4356de718649c01 4cc2 4532 b820 00354ca1fc4a756268dd dfba 4573 9109 254684e23c6d 78
盤上の向日葵

相手を詰む寸前だとわかっていながら、でもそれでいいのか?という最後の一手を決めきれない、どう打ったらいいのかわからないそんな感じ。 捜査と並行して、真相が進むことで、うっすらと真実が見え隠れするけれども、それが真実なのか確信が持てない感じがで、先が気になり、どんどんと読み進めてしまった。最後まで飽きさせないストーリー展開で、映像化しても十分楽しめるエンターテイメント性も感じられた。 将棋については、詳しくないものの、ひふみんや藤井聡太くんの存在もあり、わりとストーリーに入りやすかったし、将棋士になることの難しさと将棋の過酷さがヒシヒシと伝わってきて、将棋に魅了される気持ちもわかりつつ、踏み込めない難しさも同時に感じた。

9か月前

Ed9a905c 01a3 4081 8aea 80999174d7fcIcon user placeholder8eda5f18 e89d 470c 9d22 c230d4201be7657377ce a324 491f b7c9 d459b0ff89e71638af4c e32f 4e25 a746 c60199761998Icon user placeholder840af13a 7572 4368 82d4 67845dac04e0 19
ぬかよろこび

少しふざけて、ちょこっといい話。少し泣きそうになったり、少しだけ役に立つ話だったり。やる気があるのかないのかわからないんだけど、意外と真面目で面白かった。

10か月前

MM

シンプルなストーリーだけに、市川拓司さん独特の一人称の語り口調が心地よい。どことなくウディアレンを思わせる語り口。頼りなく控えめな主人公からの視点から描かれるヒロイン像はとても魅力的で、主人公が想う恋心が伝り、主人公の目線を通して、いつの間にかストーリーに引き込まれていく。 なんとなく読み足りない感じもありつつ、それぐらいの軽さが気持ちよくて、もっと読みたかったと思わせ、その余白が読者達に登場する人物像を想像させてる。 映画とかドラマとか、映像化されたら、造り手のイメージで、また一味違った人物像を作り出して面白いのではないかと思ったりもした。 個人的には、新海誠さんあたりがアニメ化してくれたら、面白そう。

1年前

Icon user placeholderD72a3222 91f0 40ad b34d 2642e29c3ad7Cd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b990313962ab8 eb2b 4465 800b 0ae7aae1d9614150dd7d 3475 440f b829 6a113ab93691Icon user placeholderC9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb2117 17
桜風堂ものがたり

軽やかで清々しく草木の匂いが感じられるような美しい情景描写。そして、書店員達の本に対する情熱や本屋愛に溢れた作品だった。 本屋さんというものがどういうものなのか、どんな気持ちで本が並べられているのか。そして、本を売るために書店員さんたちがどのような気持ちで取り組んでいるのか。どんなにインターネットが進化したとしても、真似できない出会いが本屋にはある。偶然のようで、そこには書店員さんたちのメッセージがいたるところに込められている。だから、本屋って行くだけ面白い。 春らしさを感じるこの季節にぴったりな作品だった。

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder53aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f27bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c0D06dc33b 76b1 4228 907a b11f520bdeb0147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e 50
夜行

今まで読んでいた森見登美彦さんの作品とは、違ったタイプの文体で、期待していたテイストの作品ではなかったものの、知らず識らずのうちに不思議な世界へと引きずりこまれた感覚。読み終えても、なお、「あれ?なんだったったんだろ?」とその世界から抜け出せない感覚が残る。選り好みはあるタイプだとは思う。

1年前

8454b512 7e81 4187 82f2 8e82ee562dd9Eea3b245 5844 44c1 b36c a61c85983ac1Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5Icon user placeholderIcon user placeholderCa87addb 20f5 4d85 9707 4df409beb9a2F456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b0 163
コーヒーが冷めないうちに

なんとなく物足りなさがある気はするものの、それぐらいがちょうど良かった気もする。コーヒーを飲むようにさらりと読めてしまうそんな一冊。

1年前

Icon user placeholderCae080f4 0cd6 4474 8f44 c18c76bce3bd9908e875 f19d 4b83 9e94 640572b54318Fe5f8d4d 4567 4113 9857 5dd6ba76a8b5Af73d731 2fd4 46b1 9ebb aa90ade0fa44Fd260288 a140 4c37 bfc5 b0672ba0ec4cBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311 300
百貨の魔法

閉店間近と言われる百貨店を舞台に起こるさまざまな物語。お伽話を読んでいるかのような優しさの詰まった素敵な本だった。 「大事なのは、変わって行くこと。変わらずにいること」そんな歌の歌詞を思い出した。 時代の移り変わりが早くなって行くばかりのこの時代に、流されないこと美学、立ち止まることの大切さを教えてくれるそんな本だった。

7か月前

53aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f27bb479cf f542 474a a14f 59d7abba89c0Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09E8e81cac 6685 4ea2 b690 c043a084e4370fe26894 0f40 4293 be12 ce16d0cee15bIcon user placeholder978b6559 0357 4f22 a9f8 108e8e53bcdf 24
星の子

この空気感が芥川賞候補ということなのだろうか。やっぱり馴染めない。ただ定まり切らない絶妙な心理描写で苦手なジャンルでありながら、情景描写がわかりやすく、馴染めないながらに、スラスラと読み終えてしまってる感じは、個人的に向かないだけで、良い作品ということなのかもしれない。

7か月前

Icon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eD05610bc 72d6 4401 b9e2 7173e49065546c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholderEdb31ca1 dd54 4268 910d 073de6b56b110efb931b a165 4122 a148 4282b40608b4 151
屍人荘の殺人

学園探偵小説のようなの、ほほんとした始まりから、いきなり怒涛のように転がり始める展開に耐えきれず一気読み。。。 軽い気持ちでピクニックに出かけたつもりが、気がつけば、樹海に迷い込んでて、猛吹雪で遭難みたいな感じ。 このストーリー展開は圧巻。。。

7か月前

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholderD25370bc 1ed6 4da3 b6ea 961a0459ef2cE13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1 83
騙し絵の牙

「あてがき」というのは、ちょっとずるい。読み始めた瞬間から、すでに映像化れていたかのように、人物が動き出して、物語に一気に引きずり込まれる。 人物像の描き方も上手で、編集長でありながら、中間管理職として板挟みになりながら、四苦八苦する速水(主役の名前)の様は、まるで大泉洋そのもので、よく特徴を捉えられていたし、取り囲む登場人物も個性的で会話のやりとりも面白かった。 また四苦八苦している中に、散りばめられている伏線が物語に厚みを持たせていて、タイトルに落ちている辺りは、さすがと言った感じ。

9か月前

C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce7159bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edF456dd6c 5985 4bb4 9305 d2c780a3b4b053aeda8b 256f 4a32 8dd7 8e9f659b34f2C3d1845f 9b56 4c33 a555 61091d93e415E23415a9 faea 4404 a89e 7bbe4ed5be9e7fdcb7f6 8b37 46c9 9ed2 6c52d6f765d6 50
リーチ先生

この小説には、柳宗悦、富本憲吉、濱田庄司、河井寛次郎、高村光雲、高村光太郎など実在する名だたる芸術家たちが次々と登場する中で、主人公の亀乃助のみ実在する人物ではなく、架空の人物だった。そして、その存在こそが民藝運動の本質の部分であり、亀乃助を通して民藝とはどういったものなのかを表現しているように感じた。 生活日常品て目を向けられなかったことにも美しいものは存在していて、同じようにきっと名だたる芸術家の横には亀乃助のような名を知られることなく消えていく優秀な人々が存在し、それは芸術という分野だけではなく、普段の生活においてもそのようなことに溢れているのではないかと思う。生きていく上で、見落としてはいけないとても大切なことを教えられた気がする。

9か月前

Icon user placeholder3221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362eC30decdd 9754 4cc3 b7a0 2c594880637c89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eIcon user placeholderBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86 31
罪の声

31年前の未解決事件を巡り、真相を探る記者と真実を追う関係者の甥。二つの物語が絡まり合い、いくつもの家族の物語がある解かれていく。 正直、サスペンス的なストーリーかと思っていたけれど、事件に関わった人達の背景や人間性に触れていくことで、ストーリーに幅を持たせ、様々な感情を揺さぶらた。

約1年前

6efad6cb 86c5 4b1e 8745 172c90f58376C2d6999d 627d 40ac b68a 80aae8485e75Da7ed40f 2e85 4d0f b348 238216b8aa92C9584f8f 2258 4507 a920 cb169b4ce7153e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88beD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cF9a871c3 83cb 4026 a719 82192473f6ba 154
みかづき

塾を創設した夫婦から始まる、三世代に渡る教育まつわる物語。 450ページを超える長編で、物語は非常に濃厚ありなが、非常に読みやすく、走馬灯のよう、あっという間に時代を駆け抜けていく。読みきった後の「読んだ!」という充実感は素晴らしい! 文書が非常に身近な感じがして、物語の内側で眺めている感じがして、キャラクターの温かみや息遣いが感じられる。登場人物も多様で生き生きと描かれている。 ぜひ、朝ドラでやって欲しいと思う作品だった。

1年前

C83c56a7 bc1d 43a3 adb9 6efaab245da583c089af 2bcb 4854 931b c9a73a1ca6cc1be4bb52 e5d8 48cd a771 693e9ac02cfb375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a0Fbc7b138 e2a7 4cc2 880a 2336502eb0e4Icon user placeholderC5dbbcbf 5552 4163 abe5 401d53364456 90
i

僕は未だにアイデンティティという言葉にしっくりくる日本語を見つけることができずぼやけたままだったんだけど、この物語を読んで、まだ言葉にできないけれど、なんとなくアイデンティティというものの輪郭を感じられたような気がする。 マイノリティ(社会的少数弱者)に対する、主役を取り囲む登場人物たちの様々な価値観を通した視点からのアプローチは、とても興味深く、新しい発見もあり、感動させられた。読み終わった時の感じよりも、こうして言葉にまとめている今の方が、この本の良さを感じてしまう不思議な感覚。 マイノリティというものが、社会的少数弱者という言葉でいいのかも、まだしっくりきていないけれど。。。

1年前

485da432 00da 4fcd aba0 a07dc18973fa6c2012b8 e608 4961 a0b3 aa855b1a6e1fC88fe124 d7b7 4918 9e5e b1b0e3b749cf8ff30fff faff 480e 8f87 14f1a1ac0780Icon user placeholderC73ec256 ee18 44c0 808b 42c49c0f4c7bC65d0da4 f9a5 4a64 91ee ee27389bae61 223
ツバキ文具店

言葉を選び、言葉を並べ、言葉を形(文字)にする。 そんなシンプルなことで人の気持ちは伝わる。そんなシンプルなことだからこそ、伝わるのかもしれない。 ツールが溢れているこの時代に、とても大切なことを教えてもらった気がする。

1年前

D7909256 6499 4a6a b54a 3f9214c4cccf66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832d56758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2c902529ec fd5b 4d87 a8d6 84ae7a22f7e30e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39cIcon user placeholder46da03c0 292d 4d30 bcab ef72e7307ed6 189
死なないつもり

奇抜すぎる作品と違って、本人はものすごく自然体。肩の力を抜いて向き合う感覚。自分を追い込むことなく、かといって、甘やかすことなく突き詰めていく姿勢。共感し後押しされる部分も多く、とても得るものが大きかった。 新年を迎えるにあたり、これ以上ないぐらい素晴らしい本だった。人生の節々で手に取り読み返すことになりそうな気がする。

約2年前

39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e07cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5