Efb55701 9823 4955 9628 b09635b10d9f

扉と書

本、言葉、手紙。扉と書

本、言葉、手紙。扉と書。 時々ラジオ /時々物書き 私とムスコの読書ノート

60

コメントした本

ココアどこ わたしはゴマだれ

高山なおみさんと、夫 スイセイさんによる、対話のエッセイ。夫婦という関係を超えて交わされる言葉の数々。高山なおみさんの作り出すお料理の感覚的な素晴らしさの根源を見たよう。

1年前

Eb0856a4 a9fa 40fb 91a3 05560aa48ea1C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa50a1644e2 2535 42f4 ade2 30313aff35fcB66161c7 c6fc 47d8 9359 febfe3239071
リーチ先生

これまで 図録や写真でしか 触れてこなかった バーナード・リーチや 濱田庄司、柳宗悦、河井寛次郎 といった芸術家たちが 息を吹き返し、今の時代に 戻ってきたかのような 心地よい錯覚。 . あらためて彼らの作品を 見つめると これまで見えてこなかった 彼らの日常や 土に触れる手が 見えてくるよう。 . 土と、火と、 そして人の手により 作られた 美しい生活のかたち . 本に登場する ひとりひとりの足跡を もう少し辿ってみたく なりました。 . .

1年前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86E0a62d3e c68f 489c bb1e a03629b43245805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681Icon user placeholderE0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6Ca7b5bd3 81fd 4de2 a5f2 a19c195d572b 27
永い言い訳

終始胸が締め付けられるように痛くて辛くて悲しいんだけど、サチオが微かな光を見出したり、健気な子どもたちに向き合ったり、なにより大嫌いな自分を曝け出し向き合っていくことが救いで、懺悔のような告白のような手紙(言い訳)に涙が止まらなかった。

約2年前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d5044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd81004Icon user placeholder1d236186 fded 4568 9bbf 2ff8088f3f3d0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee30ba6ec0 6b55 4510 9523 e176a72c71a8 59
真夜中のヒットスタジオ

だれもが経験する音楽と記憶の物語。フィクションとノンフィクションを行ったり来たりしてる感じが心地よい。音楽ライターの視点でヒット曲を解説しているようで、私たち読者も思い出を一緒に追体験していつの間に感動している感覚。

約2年前

物物

ずっと手元においておきたい一冊。妙なる会話。

約2年前

Icon user placeholder89d4e86b 4871 4ebd 8172 179f38e7cb3c11c10f8e ce5b 41f8 a001 c52029854ce82acd6458 af28 4955 b111 e3ab182719c730935920 8950 4d2d a868 ed7392bcf89aB0948682 fb76 460b ab9a 2d813f086c1e
往復書簡 悲しみが言葉をつむぐとき

言葉にならないコトバを自分の体からだすこと。空気に触れさせること。誰かに伝えること。

約2年前

いとしいたべもの

どのたべものも、食べたことある身近なものなのに、今まで自分が感じていたのに、気になってただけで、ちゃんと五感で味わえてなかった、その隅から隅までを丁寧で絶妙な表現で抽出してくれた。 憧れの一冊です。

2年前

Icon user placeholderE679023c 7217 427c 9891 dfc620830ec4014253d4 6080 4951 9119 24735184a696A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a7642692e2ba7cf aea0 408d aa3e 8b4cf0078841 17
菊池亜希子ムック マッシュ vol.9

いつも眩しいなぁ、と憧れながらみる、マッシュ。なじみの店が載る、よりみちも。

約2年前

アミ小さな宇宙人

きれいごとや理想論ではなく、まっすぐに、ピュアに綴られていることに、自分の心もひらいてゆくことができる。

2年前

B8dc54fb 1533 4bbf 89c7 aa00a4e3db579911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fCe5d0fed f1ea 48c1 a15e a13bf80aa8c9F70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a4163431f95 baa0 45f1 a133 e2115e25ab7e01fa4122 4003 4b87 8107 ab33b870146a 13
とけいのあおくん

時計ブームの息子と毎日毎日読んでいたら、じわじわと好きになった。 . 色づかい 言葉づかい おはなし 全てが柔らかく優しい。 . 英語版も読みたいな。

1年前

本日は、お日柄もよく

言葉を操る、スピーチライター。言葉の持つチカラ、可能性、あたたかさ、、、目には見えない、かたちのないもののチカラを感じて、心が熱くなる一冊。

1年前

C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213E0e9bc31 8254 435d 820d dd59b2b3ffb6E6ef29a5 955b 4561 9358 7d33581502bc5bf92d08 30e1 4483 a7d1 328af11784c39a70dc5e 3fd3 4a4a b892 c5d2960da9fbB2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da58b1ad6c 15bd 4fd6 8ca7 f2cca4795918 89
逢沢りく 上

なんだろう、不思議と惹かれる名前。 人と向き合えず、逃げて、走って、逃げる姿が14歳リアル。こちらもダッシュで下巻へと進む。

約2年前

Ef4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3D4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a04526726f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b81c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd75200b02c911 36ec 4e00 8722 3c2f5a4f0637562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a 52
がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん

安西水丸さんのイラストは、ジワジワとますます好きになる。親子でファン。

約2年前

森の絵本

ムスコにはまだ早かったけれど、私のお気に入りに。 詩を読んでるように、すっと心に静寂がやってくる。 ページをめくるたびに、気持ちが落ち着いてゆく。

約2年前

ツバキ文具店

代筆屋の、手紙を書く姿勢、文房具や道具に対する姿勢が素晴らしい。鎌倉という街も魅力的に描写されていて、温かい一冊。 素描家、しゅんしゅんさんによる描写も目を惹かれます。

約2年前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aefIcon user placeholder89f45d32 1440 4cfc 8ae6 6dcaf1a28a35Icon user placeholderEffb4c23 fb3f 47c8 9686 b73b6f1adf97F753ec1a 26bb 4036 a6ff 8b0a370c0cf2Cd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b9903 171
かなわない

とにかく読みたくて読みたくて、育児の合間にいっきに読了。こんなにも赤裸々に、淡々と綴られる日記にこわさを感じつつも、共感できる自分も、重なる部分も多く、自分を見つめなおすきっかけをくれる一冊。 夫婦、子ども、恋愛、家族、親、、これはきっと、すべての人の心に宿る、物語。 それをこんな風に、言葉で、カタチで世の中に吐き出したって、やっぱりすごい。

約2年前

5faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cE4f9a33d 0ee5 4e1d 9973 331e43dd85d2044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd8100424bb80c1 cb4a 4306 8a20 87e39ffc9cb7Icon user placeholder574ad60b bc3a 460b 8eac 6a5d14683fdf 59
暮しの手帖 4世紀81号

新しい編集長さん、好きです。

約2年前

しあわせな二人 若いころより楽しくて素敵な日々

写真にうつる洋服のスタイリングや部屋のインテリアにも無中になりながら。

約2年前

Adc4101a de4e 4c2f 9811 109a480c7f2051e74cd7 4f72 45f3 af9f 70da016f5dfb
日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ

自分のこれからの、指南書になってくれそうな一冊でした。

2年前

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29D664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609Icon user placeholderIcon user placeholderB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269 20