3aebc712 b72b 465a a4f5 2a49b5f9c78c

tigusa

面白い本が読みたい!

面白い本が読みたい!

5

コメントした本

盲目的な恋と友情

どんな話だった?と聞かれれば、盲目的な恋と友情の話と言うと思う。それ以外にネタバレせずに説明出来ない気がする。 「恋」は本当におそろしいということが伝わってきた。 今まで他の作品で人のために、ものすごい事しちゃう女というのはたくさん見てきたけれど、いまいち納得できなかった。そこまでしなくてもって。なんで?って。 でも今回は思わなかった。それは恋も友情も少しずつ丁寧に順を追って書かれているからかな。 共感出来る所は多かったけれど、楽しくはない話。わかるからこそ続きが気になって気になって仕方なかった。 ラストは私にしては珍しく途中から予想できていた。それに向かっていると確信していたのに、それを更に上をいく終わり方に驚きでした。 最後に一番印象に残った所を。 あの聡明な女を、こんなプライドの ない行動に走らせてしまうのが「恋」だとしたら、恋愛とは、なんと不毛なのだろうか。怖いのは、稲葉先輩ではなく、彼女をそうしてしまう魔物のような恋そのものだ。

約4年前

E61a6ec7 575a 4a95 890f de3e259be4f0E209f0f8 0522 43ad 8158 61720099e4b62fc8eb91 21fb 4f06 ad84 304282db8fbf878c12ae 9732 40db bbd8 bd5fd26703fb7c7b1b2e b09d 49f0 a714 a549aab2c149675f6c8f 90bf 4d72 b8a5 5933c8ca84aa152ff5a7 b080 40ba 89c8 de4f2e867fd5 30
わたしを離さないで

何かが違うとずっと読んでいる間ずっと思っていた。内容がではなく、文体というか、何かが。それは解説を読んでそれだ!と納得。 “我々の多くは、書き手があたかも抑制などいっさいかなぐり捨てたかのような、我を忘れて書いたように思える作品に仰天させられることを求めているのではないだろうか。中略、本書『わたしを離さないで』は細部まで抑制が利いていて、入念に構成されていて、かつ我々を仰天させてくれる、きわめて稀有な小説である” つまり、私が読みたいのは抑制されているものなのだと強く自覚した。それは文学に限らず。 よくある制度をぶち壊そう!という話ではなく、疑問を持ちつつも、受け入れて生きる普通のキャシーが主人公。始まりの話でも終わりの話でもない真ん中の話。 本当に良いものって余韻で決まると思う。この本はとても長く、いい余韻でした。

4年前

9ddfeb65 eb74 436d 9067 1f268efb08a3Icon user placeholder3fd02c7d 938e 4822 97c2 e101f588f5e29b92c5df 953f 473f be92 1f218474893dB4fe19ef 0d2f 4abd 88a8 472a8a4865d8A04651c6 77a4 4f29 beaa 4f99afde3b84A3b27df3 b7dc 4058 82c6 9e4a136003c2 268
図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

面白すぎて一気に読んだ。堂上かっこよすぎでしょう。最初から気づいてはいたけど、それでもニヤニヤが止まらなくて、電車の中で読んでいて堪えるのに必死だった。

4年前

E77108a1 6ba9 4e8e abf3 fc6f2597677c74fa320d d3c1 4864 a4b0 5a3fe5043fbe3a1cc7d2 becf 4de1 b739 3a4d5ad68aff5cbfc4f6 43e2 45f8 95f5 282f4d31ad8bIcon user placeholder2c9ddf92 0b94 4f53 8e2f 3657a7e3926b675b4f5d 1b36 487b ac41 87c60242b45d 206
代書屋ミクラ

本屋さんとかの話かと思ったら代書屋って仕事だった。でも、本屋とか文化系人の話好きだと思う、私。これも寅さん的な恋愛と仕事で、短編オムニバスでテンプレな展開だけど面白かった。脳内神とかトキトーさんとか細かい設定がいいなーと。積み重ねの妙。続きが気になるけどあるのかな?読みたい。

4年前