42cb7525 77c4 4c3b a710 077a1206162b

にな@めいどーる山形

めいど〜る山形の図書委員!ブックメイドの…

めいど〜る山形の図書委員!ブックメイドのになですよ♪一箱古本市「葉っぱ屋」店主です。

20

コメントした本

セミオトポス10 音楽が終わる時: 産業/テクノロジー/言説

「日本記号学会」による音楽の記号論的解釈本(学会発表のまとめ。)「音楽」が終わり、何が始まる?という帯文が目を引く。音楽が終わったら、何が始まるんだろう?音楽が終わったら……日常が始まる。と、私なら答える。大事にしておきたい思い出には、BGMを添えて頭の中に保存する。音楽がなって居る時の思い出は、非日常の思い出。いい音楽はこれからも沢山生まれ続けるだろう。でも、それを商業用にパッケージングした時に、経費の都合等で昔に比べて質の低いものを作ることしかできないというのが現状らしい。今や音楽鑑賞といえば音源の購入よりもライブイベントが主流で、ライブの予習のためにYouTubeが使用され、CDは握手券やDVDなどの特典のオマケになり下がっている。一方、今までただの消費者だった人々もライブのオーディエンスとして、カラオケシンガーとして、必然的に音楽に携わっているのが現状であり、またインターネットの世界では歌い手などの出現により、プロとアマチュアの境目が曖昧になってゆく。これから「音楽」は仕事になるのだろうか。そして、音楽はなんの為に/誰の為に存在するのだろうか。これからの音楽について考える為の一冊。

3年前