C45c5aa1 18f1 465a a26e 21879eebd50a

Nanami Torishima

編集者。 ガイブン好き

編集者。 ガイブン好き。読書はフィクション、ノンフィクション半々くらい。

38

コメントした本 ページ 2

経済学の考え方

再読中。宇沢さんの語りはわかりやすい

4年前

リヴァイアサン〈1〉

なぜか手元にいつも3冊

4年前

48a3e230 1d06 4721 ab61 580bf9afe1172760224b 0579 4316 9b41 66e609af29ceFcda98e1 ab05 465d a5e5 d5c6a9193b11F92b44bf 5bad 4f3d a18f b0075f028afb
ある島の可能性

ウエルベックはやはりこちらに戻るべきかも

4年前

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372014253d4 6080 4951 9119 24735184a696Ecc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b47943541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d509727e8b0 10dd 4c31 b733 85abb59bdfbbIcon user placeholderE5cc0169 6616 4783 aa92 f5c1da5d3a1c 10
黄金時代

今のところ積ん読。チェコの作家

4年前

Icon user placeholder7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91bCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63Fab08fed 8d96 4d84 a603 9102362de160
粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う

編集した本。目からウロコなはずです。現代の南方熊楠!

4年前

春風夏雨

数学者、岡潔の洒脱なエッセー。連続読み中。自由の風

4年前

1a752b5d 37d6 4b20 9e65 97c7054e62c713376266 2fef 4f05 80c4 7c30a97896703adfef7c 88cf 45b5 a4bc 1fdcbfd5d6a2Bffb4b43 1e2d 44db 8d0f 78b57517de59
遁走状態

エヴンソンは最高!日常から入っていくはずが、いつしか奇妙な酩酊感に。しかしそのズラしは、思い当たる節がある。冒頭の「年下」は姉妹の話だが、まるで自分のことのように読んでしまう。短編集なので、気が向くと一つ読み返してみたり。

4年前

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558cD5f29d4b 22fd 4ed4 b64d 631bfe60b2fc9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc65Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5225c601b 1e4c 4760 89ea 1233e2b09f2a9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d78c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed 14
民のいない神

デリーロとかよりハードかも??

4年前

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d38e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b18238aa4f57f eccf 4fa7 81aa 401766b543deCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854aA83410b5 a37e 422b 8ecf a1452d77ea78Maman putain6 normal 15
地平線の相談

細野さん目当て。昭和な装丁◯見本もらう。

4年前

F498cf2c a42e 430c 93e8 92001c6160162fdd78d3 53df 4164 867e 80da2428c7f99b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d694e7e19 4f99 4cea 8f78 73dd7e9aae0075657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b012cf82094 4d5a 4b64 92b5 1c2551f25cf8C4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 29
&Premium 2015年 05 月号

今っぽさにかけて右に出る女性誌はないのでは?ライフスタイルとファッションのミックス度が絶妙。

4年前

地図と領土

この装丁からして、やはり好き。話題の次作『服従』やいかに。

4年前

524cee20 be79 4b40 8b9c 8a0804bc55a17262626b 2805 4a8b b0cb 7802ea43127d209a12d6 b6ad 45c2 9bff cf4311eb9875Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec153589e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e210d5601 7f6e 48d3 81ca 707e7f5780350857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595c 11
火山のふもとで

舞台は建築事務所。遅まきながら

4年前

Icon user placeholder147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e3918954a 0ea2 4c1a bed3 5136cde20b2b7574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5Icon user placeholderE83fa325 76b4 406b 8830 e58f6cb5ba2561a2aff9 d6fb 402c ab84 1cf53e617399 11
現代日本民法の基礎を問う

久しぶりに民放の本など。ローマ法の教授、コバケンです。

4年前

アメリカの影

田中康夫の「なんクリ」と村上龍「限りなく透明に近いブルー」を批評した江藤淳の著作評から入る、日本の逃れられない「アメリカの影」について。世代的にピンとこない話題であり続けたけど、最近このあたりを読む必然性に駆られている。

4年前