55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724

m a chi *

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専門書も小…

本読むのすきです(◍´ᴗ`◍)専門書も小説も。 本に囲まれて暮らせたら。コーヒーと本と。

101

コメントした本

あひる

いろいろと意味を考えながら読むが、私にはわからないのか、そもそもそんなに深い意味はないのか、うーんもっと気楽に恐怖感?とやらを味わえばいいのか。 「おばあちゃんの家」と「森の兄妹」は連動してる...よね?

2か月前

3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholderEf71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bEf37a3b0 df68 4698 9ce2 18987b2fa1f5D16a2047 37fc 4190 9b34 2645789c7556F43ccd27 5c18 4219 9719 a64bb0dc0f4dIcon user placeholder 10
むらさきのスカートの女

サクサク読むことができた。 ううむ...「わたし」が誰なのか終盤にわかってから、もう一度読み直して、「わたし」についておさらいしてみた。しかし、むらさきのスカートの女と「ともだち」になりたいという行動の意図がここまでさせるのかと思うと怖いというのか不思議というのか、、、もしかして「好き」に近い感情だったのか?それにしても、やはり受け入れがたく共感はできない狂気を感じる作品。

3か月前

02513e45 bb49 4432 a93b 349f589f76a793f07f8c a06f 4f67 904e b3edc68bc2e194c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea904551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af471067f3 8485 4064 b6fb 617129699906837f9833 2bef 405d a1a1 0636915fe7cfFd720782 aeb2 4881 9137 4d4542139982 57
イニシエーション・ラブ

再読しました。笑 さらに、解説を読んでやっとわかった。 よくできた作品。 意味がわかればわかるほど、「えっ、じゃああのときの、あれは!?」とページをめくって読み返すゾクゾク感。 たまらぬ面白さでした。こんなの初めて。 大矢さんの解説もなかなかいい。

6か月前

1f038acc bbec 43c9 b9cb 3522f6e76f4c78c6a70a df69 4358 b413 6567a1e76cce5f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793f930a554a 2042 4df5 aa48 a83aea322d6764e50687 d69c 4a16 9e02 a2dc2e49048a2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90061ececf a88a 4645 acd6 4dca1be4cf99 283
夫のちんぽが入らない

“さんざん考え、悩み抜いた末に出した決断を、そう生きようとした決意を、それは違うよなんて軽々しく否定するな。 人に見せていない部分の、育ちや背景全部ひっくるめて、その人の現在があるのだから” 筆者のように夫婦生活が持てない人、 夫婦生活は送れても妊娠が叶わない人、 思い描く性生活の送れないLGBTの人、 そもそも結婚したり付き合ったりしていない人、 結婚していても子どもを望んでいない人、 結婚も望んでいない人、 病気や障害の人... 世の中には多種多様な人がいて、自分の枠組みで他人を判断することに変わりはないし、簡単には変えられないのだけど、相手に言葉をかけるときには、その枠組みを少し柔らかくして接する必要があるのだと思う。そして、相手の枠組みを理解しようとすることだと思う。

10か月前

F0b75bb5 b2a5 4a87 abaa 882a018db8a80dd80297 8be6 4abd a307 fad98a44bf9986818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d84138aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21A1afb250 48b2 4331 ba03 1e6d780cc692Icon user placeholder3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c 174
コーヒーが冷めないうちに

この本を読んで、どう感じるかは読者に任せてくれてもいいなと思った。 でも、過去も未来も変えられないが、心は変わる。 そのメッセージは強く伝わってきた。 さて、どう生きようか。

約1年前

Icon user placeholder0d0a9844 b717 4e59 a9d7 bbd0cb57162e6b848e8a f76b 4f55 9e49 7b6d1172af9d7d554798 0818 43f5 96a4 094f8f8c98c43506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bc675b4f5d 1b36 487b ac41 87c60242b45dFc70fca4 a1d2 4471 96d9 306dabd2fb6e 438
火花

長い時間をかけて読了。 芸人さんの心意気や生き様を垣間見た気がする。 漫才やコントを見て「面白くないなぁ」と思うことはよくあるけど、それはそう感じるかもしれないけど、やっている本人たちからしたら、すべてのエネルギーを費やして「面白い」と思うものを全力で演じているのだと思うと、もう少し気持ちを込めて見守ろうという気がした。 それでも、面白いと感じることとそうでないことは人それぞれなのだろうけど。 あと、解散ライブの部分を読んでいて感じたのが、主人公の”徳永が”、なのか”又吉自身が”、なのかわからないけど、「芸人」ではなく、「漫才師」でありたいのだと思った。芸人、という結果的に人を笑わせる仕事をしたいのだけど、トークで、漫才で、話をすることで、笑わせたいのだと思った。話の中に、己の生き様を盛り込んで、結果的に人を笑わせたい、そんな漫才師でありたいのだと感じた。 又吉直樹の他の作品も読んでみたいと思う。

1年前

A4001862 ae56 411d 90d5 27f6f54822b299a156a0 6b1d 43e9 8e74 abefd530645d8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919D5061594 40e8 4e46 859c 9c57e2e0b35e884b1ebd e735 4bf4 92e0 55cb9c850d13Icon user placeholderIcon user placeholder 481
妊娠カレンダー

小川洋子さんの三本の短編集。 少し不気味な世界を興味深く読んだ。 どの話にも共通しているのが、主人公の目の前の「姉」や「先生」や「男」に興味を持って近づきたい反面、憎しみや恐れのような陰の感情をどこかに抱きつつ接しているところ。だから、なぜか安心して見ていられない。怖いもの見たさ、のような気持ちで読むけど、別に怖い話でもない、なんとなくじっとりした穏やかな作品。

1年前

57d9fb16 4562 4be2 808a 4eff17e74227Cc2de357 64db 4680 b11c df57566814b6Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e9bed4b71 b02b 471f 92d1 13d154088b26Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5Icon user placeholder6f40c558 2efe 4d43 b658 ffbf72a47bd7 13
一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門~人に好かれる!信頼される!禁断の話術&心理術「ホワイト・コールドリーディング」

仕事のカウンセリングに使えるかと思って読んだけど...積極的に使いたい感じではなかった。エッセンスだけは取り入れようかな。

約2年前

驚く力ーーさえない毎日から抜け出す64のヒント

子どもの頃と違って、大人になると、驚く機会が減っていくから、時間が早くすぎてしまうのだろう。 驚く機会が減って、驚く力も減っていくのだろうけど、少し見方を変えて、些細なことにも驚きながら人生を楽しみながら歩んでいきたいと思う。

約2年前

67e4aa60 6d03 40c0 a275 6e81402e363eIcon user placeholder
ナラタージュ

仕事で出会う高校生の女の子が読んでいるというので、図書館で借りて読んでみた。 高校教師への恋心が断ち切れない大学生の女の子の話。 恋愛小説ではありきたりな恋愛関係かもしれないけど、2人の関係はとても深くて暗い。 だからこその結びつきの強さなのだろうと思う。 胸キュンなどではなく、生きている間に一人の人をこんなにも愛せることの素晴らしさやつらさを改めて感じることができた作品。 映画は、たぶん観ないかな。 葉山先生と泉が、松本潤と有村架純では2人の恋愛関係が美しく描かれすぎると思う。もっと影を背負った雰囲気の役者さんに演じてほしいなー。

2年前

2af949e2 ba82 4727 ac32 bf9af12ccb90Eb376e4d d1e0 4160 a469 93195d9f45a8Be277678 29bc 4339 b384 e3078aea7925Fd2ec159 599a 48a9 b2e6 c652d423de7e08f9baa6 79f8 4ef1 9650 f3973c8df6ec0849169a 2b3a 4312 b08b e049c31acb87Icon user placeholder 37
こちらあみ子

途中、読むのをやめようかと思った。 読んでいてしんどいし、面白いとは決して感じない。 でも、純粋でまっすぐなあみ子がどうなるのか、少しでも家族やクラスメイトとつながることができるのか、気になって読み進めた。あみ子は自分の気持ちにまっすぐで、相手の発言や行動の意図はわからない。わからなさすぎて、つらい。でも、あみ子はまっすぐ。つらいのは、あみ子なのか、家族なのか。

2か月前

565cc56e 453e 4444 9f4b 93ddbbeafcc8842ddbda 401c 438a ab02 eac060e27fd4Cc7e61ba 7d19 4c9c 9fc5 a9378722b88970823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f0b85626e bc23 4e2b ad3b 5dc873d552f229336ecb 05ae 4a8f 8e0a bfdbbdc1e463Ee5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6 16
知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治

少し世界情勢についてわかった気にはなるが、まだまだ浅い理解なのだろうなとも思う。旦那との議論にちゃんとついていけるようになって、自分で考えて自分の意見を持てるようになりたい。

4か月前

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040937574c5cc a6a6 4263 b92b 9152c7b032c5
蹴りたい背中

うーん、あんまり感情移入できる部分がなくて、 よくわからなかった。。。

7か月前

772b5811 77bf 48bb 94e0 6b889776975051e9c3f4 59ca 4f43 a881 ab2068aea2bcF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderF2c86610 0a0a 40c8 8149 a56d8c94e8a69ed1a4f2 e954 4da6 a0fb 3f60b0027f1d562d0a4a cc5c 44ac 8bd7 55e9d865b49a 42
大家さんと僕

どんどん2人の関係が親密になっていくのが、読んでいてクスッと笑える。大家さんのピュアでストレートな物言いにも心惹かれる。 毎日を丁寧に味わって過ごそうと思える作品。

11か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder4f35d77a c3c2 4656 b083 616b444f4e8373c8ae9c 8ef7 422c bfd2 2b60ffb83742D517a95e e99d 40db 80dc 7a4112adfcb838c9de35 09c2 4aa8 9670 349b0a8708c213cbb42b c223 430a 839f e6e0e8525715 127
家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

かわいー♡ 死んだふりをする妻と、 スルーする旦那さんの毎日。 こんなやりとり、楽しいな。

1年前

Icon user placeholderCbd91a76 15c3 4d22 9f7d 010783c23bf11c9707dd d4a4 4d7b 9aea 08757ed47a7b4e3a4c63 08ba 43a2 b52c 02ebacf6d6ae014253d4 6080 4951 9119 24735184a696
星空の谷川俊太郎質問箱

湯船に浸かりながら読んで、3日ほどで読了。 パンチパーマの質問が面白かった。 詩人としての谷川俊太郎ではなく、谷川さんという人のお返事だった気がして、人間らしい感じが出てて、クスリと笑えた。 その他はとても本質的、哲学的な質問。 じっくり、のんびり、読める本です。

1年前

Icon user placeholderD75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3Ef861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d00a20a97 3d99 4e03 bc71 2639f8f8bd10F11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74ca
コンビニ人間

確かに、何が正常で何が異常かわからなくなるし、マジョリティはマジョリティであることを求めたりそうでない人がそうなることを喜んだりしているかもしれない。 けど、今の現代社会はよくも悪くもマイノリティはマイノリティとして、受け入れたり見過ごしたりして、取り入れようとしすぎていないように思う(家族は別)。どこか無関心な部分もあるのかもしれない。 でも、面白い作品だった。

約2年前

93f07f8c a06f 4f67 904e b3edc68bc2e15f14cdd5 64d7 4d4e 9861 4bf89921793fC9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faEb376e4d d1e0 4160 a469 93195d9f45a843817637 4803 4a4d 988f 18075934cfa856d9d35d caa3 4ef0 965c 55c0c5a5e80cC1940fee 8b71 4cc3 97f5 6f692f25320c 667
笑いの力

期待していた内容とはちがった。 でも「笑い」について、もっと知りたい学びたいと思わせてくれる内容だった。 ユーモア、大事。

約2年前

星の子

新興宗教にハマってゆく家族。 そして歪んで、離れて、結びつきを強めてゆく家族。 どこか怖いと感じるのだが、それがなぜ怖いのか。 ただ自分の信じているものではないから、それとちがうから、怖いのだろうか。 なぜ怖いのかは説明できない。 そして別に怖いことは何も起こらないのだが、信じているものが違うということがこんなにも不安感をもたらすということに気付かされた作品。 人間の根本にあるものを見た気がする。 宗教とは...

約2年前

E2656483 022f 4cf7 829b ebd58d7e3c8f58fad59b 6271 438f 8c10 8f975d30d94aC1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b7652c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a586818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d84199a156a0 6b1d 43e9 8e74 abefd530645dE3edc92f 208d 4f27 b1c0 8c7c7c47baac 193
美しい距離

とてもよい作品だった。 タイトルと中身がマッチしすぎている。 がんを患った妻と、その妻を介護する夫との距離。夫と、妻の家族との距離。妻と妻の職場の人たちの距離。妻の職場の人たちと夫との距離。 病気を通してあらゆる人たちの距離が、緻密な文章で表現されてて、いたく感情移入してしまう。 ずっとこのままがんであり続けて欲しい、自分もがんになりたいとまで思う夫の、妻への愛に思わず泣きそうになる。 そして、「来たか」「来たよ」と片手を挙げあっていた夫と妻が、妻の死後、手を合わせて拝まなければならないことへの違和感もまた“距離”として表現されていて、山崎ナオコーラさんの作品をもっともっと読みたいと思わせてくれた。

2年前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c52c763f7 7434 4184 8bd5 b00a8c1684a529fe4976 e832 4f3e 9f69 48303809fa4f3506efb8 b24d 4c5c b0f1 ca30c8af65bcIcon user placeholderB2f1e469 610b 42a1 80fe 29b7bd539af518dfc70f 9cf4 4b77 9926 2ca9b6a433b8 26