Eb2c3a7d 95b0 4b83 b029 88f8e150c1f0

らびさん

I Give

I Give a.../TRY/國學院大学/石川県。 らびと言います。ベースを担当。

5

コメントした本

ナミヤ雑貨店の奇蹟

東野圭吾の作品は救いのないものや、最後モヤモヤしてしまうものが多いなと思っていたが、この作品はスッキリとした読了感。 様々な視点から書かれたストーリー、そのストーリーが全て繋がっているから、どんどん先に進めた。

約4年前

3e06b3a3 97b7 4917 b5d5 5430e17b0293D0552a8e 488c 410d bd79 77a3b4233bcb1964fa06 963e 4d5f 8e36 3f0895a7cd19A8e8874a 488a 4dc3 b8cc 892a116e533f3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e537d6738ca 1bcd 4f9c 8dff 7d9b6abf851a75d408dc fcea 4830 8cad 45a406228042 227
葉桜の季節に君を想うということ 本格ミステリ・マスターズ

大変読みやすく、あっという間に読了しました。 終盤で全てが繋がってスッキリ、なんだけどこれは予想できなくて当たり前だろうという、ずるい引っ掛けにムカつきました笑

約4年前

夏草の賦 上

友人出演の舞台がきっかけで、長宗我部に興味を持った。 史実云々は置くとして、元親を始め、妻の菜々、嫡男信親の心情が細やかに表現されていて、感情移入しやすかった。

約4年前

D9aa0db7 a9ca 4c6f 9e84 ace0cdb1c39bD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
信長の政略: 信長は中世をどこまで破壊したか

一般的に言われている信長像とは違った見方を提示した一冊。 内容は面白かったけど、構成が細かかったり、被っていたりで少し読みづらい印象。

約4年前