1646d465 7449 47db bc68 0dcaec19c7df

A01

読書は他人の経験を疑似体験でき、知識の源…

読書は他人の経験を疑似体験でき、知識の源泉に触れることでもある。 小説の世界に入るのは面白い。 また新たな知識を得ることは私にとって喜びです。

21

コメントした本

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

自然に言葉が脳に浸透していく。読みやすく言葉に少しも違和感を感じなかった。真理とはこのようなものなのかもしれない。悩める者にはその解決の糸口を、踏み出せないでいる者には勇気を与えてくれる本。 相手の不完全さも愛せるようになったら、世界から嫉妬や憎しみ、失望や苦悩が消えていくだろう。 どうやったら幸せになれるの? その答えは… この本に書かれている。

約2年前

9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd6d8a6f4c b79f 464b aec4 542fe74503ab79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Ec84d964 6a3d 4fed a6e5 2da9d983bb39Icon user placeholder27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41Icon user placeholder 13
無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論 18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方

内発的動機を高めて、部下のやる気をアップさせる。 一見簡単なことのようだが、なかなか難しい。 本書にはその方法がわかりやすく書かれている。 また、どのような指示が部下にとって理解しやすいか。 効果的な指示とは何か。 本書の「2Wと2R」を意識し、正しい順序で指示する。 そうすれば、部下はただ仕事や作業について「覚えること」から「考えること」に変わる。 社会で活躍するすべての上司に読んでほしい。

2年前

お客様に選ばれる人がやっている 一生使える「接客サービスの基本」

接客の教科書。 接客に関する書籍を読んだことがなかった私にとって驚きに溢れた内容でした。 本文は平易な言葉で書かれており、わかりやすく読みやすい。 入門書から読もうとする方もいるが、本書から読んでも基本的なことが理解できる。 お客様の不満や不安を解消するー 接客の基本中の基本。 いま一度接客の原点を見直したいベテランの接客担当の方にも薦めたい一冊。 なぜなら他業種、同業他社の接客について学ぶことで新しい発見があるから。 著者は元CAでセミナー講師の三上ナナエさん。 実際に一流の接客を追求してきた人の言葉には説得力がある。 マニュアルに縛られない接客、 適切なクレーム応対、 一歩踏み込んだ接客、 本書を手にした人はこれらのことを学ぶことができる。

2年前

銀河鉄道の夜

作者の創造性に驚かされる作品。 死出の旅を神秘的に描いている。 「死んだら星になる」 ー誰もが聞いたことのある迷信だが誰も行ったことのない未知の世界の話。 満天の群星を見て作者は何を感じ、何を思ったのだろう。 そんなことも読者に想像させる作品の世界観が素晴らしい。 文体も主人公や登場人物の年齢に合わせて不自然で機知に富んでいる。 心地よく不思議な余韻が残る作品である。

2年前

6fb3c6f1 44e2 48b2 89fd 0e4ddc1ea1d7375047f0 3ed1 4470 b9b3 edcb7f51c4a0A28011f6 5568 4051 b8ee cc1699a8420c03486de8 1224 4e94 8395 860f495c8f2326a34431 1dc5 4057 95f5 d091b2669ab34551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc2 13
ペンタゴン式目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる

自分自身を理想的な状態に、正しく能力を発揮する状態に置くための方法が書かれた本。 特筆すべき点を一つ挙げる。 それは呼吸法に関することだ。 タクティカル・ブリージング、つまり私はスナイパーの呼吸法を知った。 呼吸法を知ることで、もっと自分の可能性を広げることができる。 集中力をアップ、免疫力アップ、精神の安定化、ストレスや緊張からの解放。正しい呼吸法がもたらすものは思いのほか大きい。 実践してみて、精神の安定と集中力の向上を感じる気がする。 体も少し熱くなるので免疫力も向上しているだろう。 仕事とプライベード、どちらも充実させるために基本的呼吸法、タクティカル・ブリージングを習慣化させよう。

2年前

超一流の雑談力

コミュニケーションの可能性と発展性について新たな気づきを与えてくれた本。 具体的なフレーズやシチュエーションが述べられていてわかりやすい。反省すべき点がすぐに見つかり、明日からでも使える。 「声が低い人ほど声を高くする」「そして暗いイメージを払拭して社交的なイメージを演出する」 声の低い私は思わずハッとした。 話し相手や聞き手を退屈させない話し方、 会話のプランニングの大切さなど、学ぶべきことが多い。 「つまらない」と言われたくない。それならこの本をよく読めば解決するかもしれません。

約3年前

06054ac5 2891 47bc bbe3 a80f7775ef3bB798b7ba 08ed 46e0 877e 653cc53546be44aab54e 09ea 47d8 9dc2 ad401b07e8e5Icon user placeholder2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe55651524f0c412 4bbe 401a 9dc8 305c4d1f36670a83a93d 9ec1 4e05 814d 21cb4749c69f 59
STUDY HACKS!

勉強の方法や記憶に関して新たな視点を与えてくれる一冊。 印象に残ったフレーズがある。 「理解する前に記憶する」 「覚えたら忘れて復習を繰り返し再度脳に放り込む」 「100%ではなく80%の正答率を目指せ」 これらは私の従来の考えを改めさせた言葉である。 この本は、勉強の仕方がわからない、成績が伸びないといった悩みを抱えている人に道しるべになるだろう。

約3年前

0d592dc3 6214 4622 9240 1d0659903e9b0f2addc7 7b42 4494 a3b6 e27b4a937518
図解 脳に悪い7つの習慣

普段意識せずに行っていることや習慣を脳の働きの観点から修正してくれる一冊。内容は平易かつ明瞭なので読みやすい。 特筆に値する本文のフレーズがある。「好きになる力を養うこと=頭を良くすること」である。何かを学ぶ上で脳の働きの障害となるのは、嫌悪の感情なのだ。だから、その学ぶ対象をまず好きになる努力をしなくてはいけない。 記憶力や判断力、理解力そして思考力をさらに一歩開花させたい人ならこの本の価値がきっとわかるだろう。

約3年前

6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a50394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc7d7163b5 7acc 40ef 97e7 94d13d92a92627975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41
心を上手に操作する方法

人はどうして騙されるのか。 本書を読めばその疑問は解消されるだろう。 この世界は心理的な技術によって無意識に支配されている。 ならば自分の身を守る方法や人間関係を円滑に育むためにその技術を知り、より良い方向に活用しよう。

約3年前

Icon user placeholder0e055fbf e140 453c 8a9c dd2f3c09ec9c
読んだら忘れない読書術

移動時間等のスキマ時間を有効に活用する方法は読書だと作者は言う。 制限時間がある状況ならば集中でき記憶力も高まるらしい。 今日からは本を一冊持って、またKindleを持って家を出ようと思う。 読書とは何か、その本質について改めて考えさせられる一冊。

3年前

Icon user placeholder6d8a6f4c b79f 464b aec4 542fe74503ab1a24eadc 2238 494e 8859 20ace9ac6eebE4999eaa 339e 4439 8b63 0b3129cbd79cEc84d964 6a3d 4fed a6e5 2da9d983bb3949182936 f13f 4cec 922f 260ff572dc3a78567457 39fb 407c a866 23a016ddc212 108
坊っちゃん

面白い。 漱石のユーモアのセンスが遺憾なく発揮された作品。 読みやすく内容も平易で、ページ数も少なく、小学生でも読める。 主人公の江戸っ子の性分が読んでいて気持ちいい。 時代的に自然と差別の表現を含むものであるが、作品にとって欠かせないファクターである。 今日の「平等」「差別根絶」の概念によって、表現上束縛されている現代の作家にしてみれば、自由な表現について羨望の思いがあるかもしれない。

約2年前

4551a2dd b87d 45e2 9801 225b9433b4af991211f6 14b3 41ad 8114 945c733adea8458c1e90 0f5f 47a6 9e44 bbce7cd6600bB6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c80e269e4b 9611 47e2 8dde 8ec5d54045e1D9aa0db7 a9ca 4c6f 9e84 ace0cdb1c39b73e2c18d 3d83 4164 8769 4eed88bde3fb 22
人を動かす 文庫版

どうして人間関係がうまくいかないのだろう? その答えまたは関係改善ヒントはこの本の中に書かれています。 どうして営業がうまくいかないのだろう? その悩みはこの本をきちんと消化すればきっと解決します。 どうして子どもが反抗的で言うことを聞かないのだろう? 家庭におけるそのような問題もこの本を読めば解決するでしょう。 社会で集団で生きる人間にとって 本書は必読の書です。 多くの人から愛されベストセラーとなって増刷され続ける理由があります。 この本に巡り合えたことは 私にとっての大きな財産です。

2年前

00719525 aa52 4425 966f 6c9fec7a7b846e8b8aa5 288a 47ec a80b 47edb4637e31Icon user placeholder2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe556515Da825555 b32d 41bf 8dfb c9cc0e6f743cC90b86b7 44c5 439b 88b8 4e7ba578a541675acbd6 f8e8 4edf 9f73 bdf31870496b 54
誤解されない話し方 説得力より納得力

自分が意図していることを相手により正確に伝える方法を教えてくれる本。 誤解されることを前提に意思伝達すると、丁寧な説明を常に意識するようになる。 まず意識を変えることから始めよう。そうすることで多少誤解が原因のトラブルを減らせる。 また、印象次第で話の信憑性が左右されるので、立ち振る舞いに気をつけなければならない。 交渉や接客等にも活かせる内容が盛り込まれている。 誤解が生じるケースやそれへの対応の仕方も書かれているので比較的わかりやすい。 心理学的なアプローチも改めて確認できた。 コミュニケーション・スキルを一段と高めたいと考える人や土台となる知識や認識を抑えたい人にとっては読む価値のある本。

2年前

「やる気」が出る心理学

頑張り続けて自分を無理に成長させようとする人にヒントを与えてくれる一冊。転職を考えている人にも「気づき」を与えてくれる一冊。 やる気が出ないのは… ①自分なりのやる気の出し方を知らないから②心身が疲れていて心が休息を求めているから③働く意味を鮮明に見出していないから と著者は言う。 これらの三つの原因を モチベーション・スタイル、 モチベーション・リカバー、 モチベーション・ロゴスという三種類のアプローチで本書はより良い対策を提示している。 モチベーションをコントロールし、自分の可能性を広げたい。 そう思っている人には手に取る価値がある。 著者の職業は産業カウンセラー。 働く人のモチベーションに関する専門知識を有し、心理学の専門家である。

2年前

「原因」と「結果」の法則

人生を設計し、制作するための本。 この本では小手先のテクニックやライフハックは一切述べられていない。人生を根源的に変える方法について書かれている。 「すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる」ーこの言葉を知っているならこの本からより多くのことを学ぶことができる。 目標を達成する方法は何か。 ーそれは不安や恐れを排除して自分自身を信じることである。 勇気が出でくる。希望が見えてくる。消えかけた自信がしっかり私を包む。 閉ざされた扉が今ひとつ開いた。

約3年前

Ec84d964 6a3d 4fed a6e5 2da9d983bb39Icon user placeholder5884a1dd efc1 455a 9a04 299806a4472b7eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9eC954328b 5259 4689 aa93 e5f1d74c83aa5687ad02 f7b2 432e a5dc 6b3ae2d6f41eIcon user placeholder 42
ロボットとベッドの重量

ロボットに魂を吹き込む。 そんなことは荒唐無稽だと思うかもしれない。 しかし、この作品を読めばその考えも変化するだろう。 ロボットの「行為」が製作者の「行為」と一致し、特定の場面と調和するとき、無感情な機械に魂が吹き込まれるのだ。 衝撃のラストがまたゾクゾクして心地よい。 短編には短編の良さがある。 長編や中編小説が好きな方に読んでほしい一冊である。

約3年前

現代語訳 学問のすすめ

「学問とは現代社会で応用できるものでなければならない」 「真理を見極める判断力を養うのが学問である」 これらの言葉は学ぶ者にとって指針であり、学問の大海原で迷う者にとっては灯台の光である。 またこの作品は生きるヒントも従来の日本人の気質に照らして示してくれる。 本棚に置いて損はない一冊である。 「現代語訳ではなく、原書を読め」ーそう言われたら、こう答えよう。 「学問とは実学であるのから、古文などは平成の時代に覚える必要がなく、また時間の無駄である」と。

約3年前

学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。

この本を読むと学習に対するモチベーションに変化が表れるだろう。また、なぜ人は学ぶのか。その根源的な問いに対する真理にも自分なりに到達できるはずだ。 自分の中の資源を豊かにしていくために我々はいつだって学び続けることができる。

約3年前

一対一でも大勢でも人前であがらずに話す技法

なぜ、人前だと緊張するのか? それは「見られている側」に立っているから。 だから「見る側」に立てばいいと著者は言う。 うつむいて手元の資料ばかりに目を通して意見や主張を発表するべきではない。その場にいる相手の視線を感じてしまい余計に緊張するそうだ。 そもそも自分をよりよく見せようとするから緊張してしまうのだ。 だから等身大の自分、ありのまま自分で聞き手となる人間と向き合えばいい。 本書には他にも色々緊張しないで話す方法が書かれている。 学生や新社会人とか若い世代にとっては大きな収穫となる一冊だろう。

約3年前

桃太郎

桃太郎が妙に人間らしい。 昔話は偽善に満ちていて、ファンタジーな要素が強いが芥川の手にかかれば一変する。 昔話での桃太郎のイメージを見事に破壊して読者の想像を裏切ってくれる。 約30ページというボリュームなので、すぐ読めます。 ぜひ、読んでみては?

3年前

8f09626d b87f 4391 b987 daee56b364db18c3358d c0c1 40ea 8d8c 9d1d9e008cf2Bae159ae 23a1 4b82 bfcd f236ec4f97aa